栗材のあく抜き
栗のアミューズスプーン、粗削りは終わった。
この後、仕上げる前に水に浸けることに。
あく抜きです。
栗はタンニンを多く含んでいて灰汁がでます。
以前、布巾が茶色く汚れてしまったことも。
一晩くらい浸けると水は茶色に。
何度か繰り返えすと色は薄くなります。
材も少しは白くなるかも。

a0240985_07303267.jpg
粗削りを終えて














a0240985_07304304.jpg
お湯を入れる












[PR]
# by yoshihiko1520 | 2018-01-20 07:38 | 木工 | Comments(0)
クロススライドテーブル
スプーンなどのくぼみを掘る道具、今はボール盤に大きなルータービットを付けてやっている。
このとき掘る位置を変えるのはクロススライドテーブルを利用。
これ結構便利なんです。
ただ、使ってるのは中国製の安いものなので精度が悪い。
特にテーブル移動のガタツキが結構有って、もっと良いのが欲しいところ。
調整してもあまり良くならないのです。
それでも、だましながらアミューズスプーンの穴掘り、20個削り終えました。

a0240985_09133638.jpg
クロススライドテーブル













a0240985_09134919.jpg
穴掘り中












[PR]
# by yoshihiko1520 | 2018-01-19 09:26 | 木工 | Comments(0)
アミューズスプーン
栗のアミューズスプーン作ります。
17個必要。
取敢えず20個切り出したけど、もう少し多く用意した方が良いかも。
失敗したり傷が出てきたりしますからね。
このサイズの栗材もそろそろおしまいです。

a0240985_07570874.jpg













[PR]
# by yoshihiko1520 | 2018-01-18 08:00 | 木工 | Comments(0)
網袋用の筒
27日から始まる網袋教室に必要な筒の制作完了。
今回は3人、今まで満員だった人数もちょっと減ってきました。
網袋の制作には茶器に合わせた径の筒が必要なので準備です。
前回、ほとんどの筒が持ち帰られたので新規に制作、5本制作。
あと台も無くなってるので少し作ります。

a0240985_07061642.jpg













[PR]
# by yoshihiko1520 | 2018-01-17 07:16 | 木工 | Comments(0)
栃の棗完成
今年の第一作、栃の棗を削り終えた。
あとはガラス塗料を何回か塗ります。
割れたキーの部分は接着してなんとかわからないように。

この後、続いて棗のつもりでしたが別の依頼が有ったのでちょっと中断。
食器に戻ります。

a0240985_07253705.jpg
切り離した底
これからの削りが一番緊張する
強力な保持が難しくキャッチしやすいんです











a0240985_07254930.jpg














a0240985_07254249.jpg
完成













a0240985_07254669.jpg













[PR]
# by yoshihiko1520 | 2018-01-16 07:35 | 木工 | Comments(0)
お味噌汁のワークショップ、お題は大根
昨日は芦屋スパッツィーノ・イノさんでのワークショップでした。
料理家平山由香さんと野口知恵さん企画の味噌汁、主題は「大根」です。
味噌汁のワークショップ、毎年何回か行ってるけど今回も良かった。
いつも出るアバンギャルド味噌汁は回を重ねるごとに美味しさが増してるように思います。
この先、どうなるんでしょうね?
講習の後はお楽しみのランチ。
大根、大根、大根。
どれにも大根が入ってて驚き。
井上シェフ、頭の中はどうなってるんでしょうね?
髪型は随分変わってたけど。

a0240985_09533059.jpg

汁が入る前の具材
色どりが綺麗
碗は栗とミズメです












a0240985_09525804.jpg
裏方は忙しい
でも楽しそう














a0240985_09532701.jpg

平山由香先生














a0240985_09531708.jpg
野口知恵先生















a0240985_09541921.jpg


井上シェフと












a0240985_09533353.jpg
黒トリュフをたっぷり





















[PR]
# by yoshihiko1520 | 2018-01-15 10:13 | Comments(0)
サッチーネも削ります
昨日は滴翠美術館の仕覆教室でした。
けど、写真撮り忘れ。
講習に集中してたから、、ということにしておきましょう。

なので、棗。
塗装した3個は乾燥中なので、別の2個をひっぱり出して。
サッチーネ。
この木は硬くてキャッチしやすい。
特に木口、キャッチするとぶれてしまうのでバイトは頻繁に研いで慎重に削ります。
さー、うまくいくかなー、心配になってきた。
使うバイトはOneway のTermiteが良いなー。
この特殊なバイト、詳細はいぜん書いたこちらで。


a0240985_06364894.jpg
サッチーネの棗材












[PR]
# by yoshihiko1520 | 2018-01-14 06:49 | 木工 | Comments(0)