癖がついた仕覆 1
数年前に作った仕覆、使ってるうちに形が崩れてきたので修理依頼があった。

瓢箪型の茶入で、くびれたところの沿いが悪くちょっとぶさいく。
修理するより新しく作った方が良さそうなので替仕覆を作ることにした。
前は胴の一番太いところから上はまっすぐ断ち、緒を括っただけで締めていたが、
これでは胴のくびれを処理できないので、今回はこの部分にダーツを入れようと思う。

a0240985_740139.jpg
仕覆前面

胴の上、ぶかぶかしてる

市販緒を使用したのでちょっと長い
次作は別編みでぴったりに


a0240985_7401588.jpg
側面


a0240985_7401940.jpg
備前瓢箪茶入
3年くらい前、備前に行き作った茶入

出来たとき、肌はガサガサだったのに
使い込まれてツルツルになっている
帛紗で磨かれたのでしょう
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-03-05 07:48 | 仕覆 | Comments(0)
<< 癖がついた仕覆 2 裏地仮縫い 急いでフォークを作る >>