iPheon と 一眼レフ との画像比較
普段、ブログの写真撮影に使ってるカメラは主に3台。
  ソニー α55   APS-Cサイズ一眼レフ
  キャノン ixyデジタル
  スマートフォン アップル iPhone

家ではa55かiPhone、
出先ではicyかiPhone という使い方になるが、
やはり撮りやすいのはα55、ファインダーを覗いてピント合わせが出来るので他の2台とは別格。

画質も大きく異り、背景のボケ具合いが全く違う。
α55 と iPhone の画像を比較してみたいと思う。

背景がうるさいときの比較
後ろの画面はパソコンのディスプレー
α55 は 50mm MACRO f4 で使用
a0240985_801173.jpg
iPhone

背景がはっきり出てしまう


a0240985_741133.jpg
α55

背景が同じ大きさになるよう離れて撮ったのでメインの大きさが異る
iPheonもズームアップすると同じ画角にできるがピントが合いにくくなるので近づいた


a0240985_1441864.jpg
α55

iPhone と同じ大きさになるよう近づくと 背景は大きくぼける
待ち針の頭もピントが外れて部分はボケるのでピントが浅いことがわかる



背景が単純なとき
a0240985_7532564.jpg
iPhone

待ち針の頭、どれにもピントが来て、このような撮影には向いてる


a0240985_7422393.jpg
α55

絞りf4ではピントが浅い




こうしてみると、iPhone での物撮りは 背景の処理次第だと思う。
背景を整理出来るならなかなか良い。
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-06-24 07:57 | 写真 | Comments(0)
<< 道中籠に茶道具を仕込む  13... 最近手に入れたもの  2   研石 >>