長く置いてあった仕覆の完成
棗の仕覆を完成させた。

この仕覆、数ヶ月前にかかっていたが、その後、茶籠のセットにかかったため縛ったまま放置されていた。
籠が一段落したので緒の準備、そして今朝完成。
こんなに長い間、休ませていたのは初めて。
きっときっと、棗にピッタリ添うよう馴染んでくれていることでしょう。

a0240985_731152.jpg
緒を付けたところ
   打留から上の処理が残っている


a0240985_7311791.jpg
棗:黒柿

仕覆:紹紦、緞子の片身代わり
        底も2種とした    


a0240985_7312344.jpg
完成
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-07-26 07:40 | 仕覆 | Comments(0)
<< 水指の蓋 塗装は難航中 頂いた南の織物  芭蕉布など >>