牙蓋、裏の仕上がり
昨日の牙蓋、今朝、削り終える。

完成した蓋には金箔が貼られ裏の仕上げを見ることはできな。
なので、金箔を貼ってない裏の写真は珍しいかも。

最近の牙蓋、象牙の量を減らすため、高台部分は木になってる場合が多い。
その分安く出来るのだ。

今回、厚めの象牙だったので無垢で加工してみた。ちょっと贅沢。
a0240985_8582839.jpg
削り終えた牙蓋の裏

蓋の裏には金箔を貼るのが決まりごと


a0240985_8583130.jpg
茶入とともに

茶入:自作   John Dix氏の大上窯焼成 自然釉
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-08-05 09:11 | 茶道 | Comments(0)
<< 最近手に入れたもの 組紐用の絹糸 久しぶりに象牙を削る >>