ウオールナット ウッドボウルの完成
直径19cmの鉢が完成した。この大きさの旋盤加工は始めて。

私の木工旋盤暦、茶入の蓋に使う木蓋や象牙の蓋を作るためだったので、すごく小さな物から始まっている。
直径はわずか3から5cm、その後棗も作るようになったが、これも7cm前後。
昨年、木皿を作るようになり比較的大きなものも削るようになった。
小物と大きな物では使う道具が全く違う。
大きな物を削る道具で小さな物は削れない。逆に小さな物を削る道具でも大きな物は削れない。
皿と鉢でも道具は変わる。
ボウルの中を深くえぐるには、刃物を受けるレストにも工夫がいる。
色々工夫しながら出来上がっていく作品たち、この製作過程、色々考えながら作るのは楽しい作業だ。

さて、このウッドボウル、フィンユールのデザイン模倣から製作は始まった。
最初、元の大きさが解からなかったが、調べていくうち、大きなものは直径60cmであることが解かった。
すごい大きさ。小さなものもあるようで、最近製作されてるコピーは15cmくらい。
出来たら25cm前後の鉢が欲しいが、これだけ大きな良い材種の無垢材を見つけるのは難しい。
幸い、ウォールナットのストックが有ったので使うことに。
未乾燥でヒビだらけ、この大きさを取るのが精一杯、それも1個しか取れなかった。

デザインは全くの模倣ではない。口縁を2ヶ所切り歪ませるのは似せてるが口の仕上げは全く違う。
でも、オリジナルのデザインは良いね。

今の材料、もっと浅くて小さな物ならあといくつか作れそう。
そのうち、又作るつもりだ。材料が手に入ったら大きなものも。

a0240985_7335324.jpga0240985_7335620.jpga0240985_734145.jpga0240985_734556.jpga0240985_734719.jpga0240985_7341478.jpg


a0240985_7342769.jpg
製作途中、失敗して底が割れた
高さに余裕があったので問題なかったけど、吹っ飛んだときはすごい音
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-09-17 07:35 | 木工 | Comments(0)
<< ウォールナット 次のウッドボウル 二組の木製サラダサーバー >>