クリスマスイブの父、年賀状の落款は?
クリスマスイブですが、我が家は全くその雰囲気なくて、いつもの通り。

朝、父は窓辺の自分の机でゴソゴソと、皮を刃物で切りだしています。
いったい何になるのでしょうか?

しばらくして出来上がったものをリューターに取付け、磨き始めたのは彫刻刀の刃。
刃研ぎの仕上げ用皮だったのですね。昔散髪屋さんが剃刀をペタペタ撫ぜてたあの皮。

手入れした彫刻刀は年賀状版画に使うものだったようです。
残念ながら今年は喪中で年賀状無しですが。

a0240985_16552533.jpg
何か工作中の父
刃物で皮を切りだしてます


a0240985_16554655.jpg
出来上がったものをリューターに取り付けて


a0240985_16554524.jpg
刃を磨き終えた彫刻刀たち


a0240985_16552989.jpg
書き終えた? 年賀状版画の原稿か?
これを版画にして彫るつもりだったのでしょう

巳年の絵だけど前のとは全然違う、ユニーク


a0240985_16554083.jpg
もう一つ
前から用意されてる篆刻台


a0240985_16554222.jpg
挟まれてる印には 巳 の文字が
(印なので逆字になっている)
写真も90度回転してますが

版画に押す落款だったようです
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-12-24 17:04 | その他 | Comments(0)
<< NHKきょうの料理1月号 が届いた 木工旋盤用バイトの制作 1 >>