親父はもうすぐ101歳
昨年後半、ちょっと体調を落としていた親父、随分持ち直して最近は調子も良さそう。
昨日、前から準備してた巳年の版画を彫り始めた。
見てると彫るペースはかなり遅い、それと長時間も続けるのはしんどいらしく、進むのは極わずか。
2月で101歳になるからそれは仕方ない、いや、年を考えれば十分元気なんだろう。

a0240985_6484435.jpg
版画を彫る


a0240985_6482243.jpg
使っている板はシナ合板
何十年続けているスタイルだ


a0240985_6483681.jpg
自作の彫刻刀
市販の物も使ってるが半分くらいは自作品
ハイス金切鋸やヤスリは良く切れる


a0240985_6485434.jpg
刃の研磨中
ホビー用のダイアモンド研磨器を横に置き
こまめに刃を研ぐ

研ぐ、これが木工の基本かもしれない
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-01-13 07:07 | その他 | Comments(0)
<< 替茶器の仕覆 1 箸の完成とローズウッドのお話 >>