古い裂帳の撮影
今、ある方から頼まれた裂帳の撮影をしている。

大正時代の和綴じにされた20冊くらいの裂帳、歴史博物館に寄贈するということで、どんなものだったか手元に残す為の撮影。

撮影は極単純。ページをめくって位置を会わせシャッターを押す。
このとき、ページをめくるのはしゃがみこんで、画角の確認とシャッターを押すには立ち上がらなくてはいけない。
フルスクワットだ。
すごく良い運動、毎日3冊くらい撮影すると100回近くのスクワット。
これで1週間近く続き、足筋肉痛。あと4冊、今日か明日で撮影完了の予定。
せっかく毎日のスクワットネタが出来たのに終わりになるなー、ちょっと残念かな。

a0240985_7471685.jpg
撮影のようす

50mmレンズを付けたのでカメラ位置はかなり上


a0240985_7472030.jpg
裂帳
表紙は洋紙のようですでにボロボロのものも


a0240985_7473042.jpg
中の1ページ
本物の裂ではなく精巧に印刷されたものらしい
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-01-27 07:56 | 写真 | Comments(0)
<< 黒柿棗の中蓋がゆるくなったので調整中 親父の寒中見舞い、ほぼ完成か? >>