デジタルノギスの購入
デジタルノギスを購入した。
ノギスは物の寸法を正確に測る道具、目盛を読むことで0.1mmまで読み取ることができる。
デジタルノギスは数値表示をデジタル化したもの、読み間違いが少ないから前から欲しかった。
アマゾンでチェックすると980円送料込というのがあり、0.01mm表示、激安なのでこれに決定。

でも、木工にはこんな正確な数値はほとんど必要無い、一番測りたいのは仕覆の緒、正確な太さを測りたいのだ。

a0240985_22132893.jpg
下:購入したデジタルノギス
ステンレス製なので硬く、茶入や棗を測るのは気が引ける
カーボン製デジタルノギスの方が良かったかも、でも値段は高い

上:100円ショップ購入のプラスチックノギス
棗や茶入の寸法を測るのに使っている
プラスチックなので品物を傷つけない、精度は1mm単位で十分なのでこれを愛用
少し大きな物も測れるよう爪を延長済み



a0240985_22133242.jpg
測ってみたい仕覆の緒


a0240985_22132397.jpg
実際に測ってみた
右:市販の常緒 径3.48mm
左:自作の常緒 径3.22mm 絹糸48本x4で組んだもの
市販の緒は少し太め、もう少し細い方が良さそうなのでこれからノギスを活用していくつもり
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-06 07:00 | 仕覆 | Comments(0)
<< 落語の見台と膝隠しを作る 大きな鉢を作ってみたい その2... >>