緒の取付け用針を六分寸六に変えてみた
緒の取付けに使うつがり糸、太くてなかなかぴったりの針が見つからない。
一番無難なのは帆刺し針だけどちょっと太い。
私も数種の帆刺し針の中から一番細いものを選び、針先を鋭く研いで使ってきた。
購入したままの針、針先が鈍くて通しにくいのだ。
糸通し部分もグラインダーで摺落としてスリムにしている。
でも、やっぱり太い。出来たらもう少し細い針をと、以前購入したみすやの「六分寸六」を再度持ち出した。

この針、前に使ったときはうまく使えず糸通し部分がすぐに折れてしまった。
今回は糸をあまり出さずに使ってみる。
裂の質にもよるのだろうけど何とか通る。針が細い分、針穴は小さい。
しばらくこれでやってみよう。

a0240985_7461827.jpg
つがり糸用の針
上から
六分寸六
みすやの帆刺し針
他社の帆刺し針
どちらも針先は鋭く研ぎなおしている


a0240985_7461586.jpg
六分寸六に通したつがり糸


a0240985_7461276.jpg
完成した仕覆
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-03-25 08:13 | 仕覆 | Comments(0)
<< 3月の野沢 棗の仕覆用 緒を組む >>