栗のアク汁で絹糸を染める 草木染めだー
毎日のように繰り返している栗鉢のアク出し。
濃い液を使って絹糸を染めてみた。

結果、
予想では「こげ茶」と思ってたのに全然違う、鼠色だ。
色は悪くない、好きな色なんだけど、同系統の糸はいくつか手持ちが有るし、仕覆の緒にはこの色はあまり使わない。

欲しいのは茶系と紫系。
次は明るい茶色に染まるというアルミ媒染でやってみよう。
焼きミョウバンはすでに買ってある。

a0240985_657855.jpg
用意した絹糸
極薄い金茶色


a0240985_6401339.jpg
栗液に浸けると綺麗な金茶に


a0240985_6402040.jpg
絞るとこんな感じ
前より少し色が濃くなった


a0240985_6402247.jpg
以前作っておいた鉄媒染液に浸ける

あっというまに鼠色に



a0240985_6402448.jpg

水洗いしてしぼるとこんな感じ


a0240985_6403193.jpg
乾燥中


a0240985_6403278.jpg
乾燥完了

予想外の銀鼠だ
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-07-21 06:55 | 仕覆 | Comments(0)
<< 栗デミダスのアク出し すごい変形 栗鉢のアク抜きは続く >>