直管蛍光灯をLEDに換えた
LED照明器具の値段が下がってきた。
天井シーリングライトは、すでに1万円を切っている。
電気代や寿命を考えると新規に購入なら絶対LEDだろう。

だけど、LEDのサークルラインや直管はまだ出始めのようで値段も結構高い。
これが安くなると簡単に取り換えられて良いのだが。

この蛍光灯型LED、どうなってるのか興味もあり、テストに直管40Wを2本購入してみた。
ネットショッピングで1本2千円弱、送料込で2本4300円くらいだった。
もっと安く1400円のも有ったが壊れたという評価もかなり載ってたので敬遠。
良い評価ばかりのこれにした。

到着した蛍光灯は紙筒で保護されていた。
なるほど、これだったら割れる心配はない。
もっとも、このLED、カバーはポリカーボネイトでガラスでないので落としても割れにくいそうですが。

a0240985_756183.jpg
LED直管蛍光灯40wタイプ
紙筒から少し抜いたところ

こちらが裏面、アルミの放熱板になっている


a0240985_7561353.jpg
こちらが光る面  白色のポリカーボだ


a0240985_7561087.jpg
器具にセットし点灯させてみた かなり明るい
グローランプを取り外すだけで使える
内部の安定器を取り外し直結する方が良いらしいがそれは後日

5000k昼白色とあるが、昼光色に近い色合いか
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-10-30 08:11 | その他 | Comments(0)
<< 整備した卓上バンドソー、プーリ... 縮緬の古布をネットオークションで入手 >>