大津袋を作ってみた
この前からちょくちょく手に入れていた古縮緬、初使い、大津袋を作ってみた。

a0240985_8414789.jpg
棗を入れた大津袋

くくり方がわからへん、これで合ってるのか?

薄い縮緬を使ったのでちょっと貧弱
もっと厚めの方が良さそう


a0240985_8415322.jpg
型紙はこれ
仕覆の本に載ってた源寸大型紙をコピーして

だけど、この本の説明わかりにくい
もうちょっとわかりやすく書いてくれたらいいのに


a0240985_841564.jpg
手に入れた縮緬

厚手の柔らかいものもあるのでそのうちに2作目を作るつもり
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-12-02 08:50 | 仕覆 | Comments(2)
Commented by 楽珍 at 2014-02-09 13:37 x
今日はじめてこの大津袋の知恵袋の回答でこのブログに出会いました。

中々見事な袋物師ですね。

よろしかったら、その仕覆の本をお知らせください。

rakutin@gk9.so-net.ne.jp
Commented by yoshihiko1520 at 2014-02-10 07:17
コメントありがとうございます。
本は淡交社「茶の袋物」大澤和子、小林実千世著です。
原寸型紙が載ってたので作ってみました。
<< 割れのある栗材から鉢取り 「茶の裂地」古賀健蔵著を開く >>