柔らかい裂と硬い裂の片身代りは注意が必要
仕覆、製作途中の仕掛り品が増えてきた。
今、4個の口を縛り裂を馴染ませているところで緒の準備中。

このうちの1個、片身代りの仕覆に問題が。
左右の長さが合わずピッタリ沿わないのです。

どうやら左右の裂の硬さの違いが原因らしい。
柔らかい裂が伸びて左右の長さが異なってしまう。
もう一度開いて長さと綿入れを変えることにした。

こんなことは初めて。
色々作ってみないと得られない経験かな。

a0240985_7475656.jpg
仕掛り品4個

今回の緒は茶系が多い


a0240985_748958.jpg
問題の仕覆

左:紹巴 右:金襴
紹巴はやわらかくしなやかな裂
金襴は金糸(和紙に金箔が貼られている)が入っているので硬い
で、伸び率が違い長さが変わる


a0240985_748373.jpg
茶入を取り出した口の状態


a0240985_748692.jpg


紹巴のだぶつきが多く綺麗な円にならない

測ってみると3mmくらい長くなってるよう
この分、切りつめてみます
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-12-04 08:02 | 仕覆 | Comments(0)
<< 問題の仕覆を修正 割れのある栗材から鉢取り >>