トイレの照明をセンサー付LED電球に取り換えた
5年くらい前か、車椅子が入れるようドア巾を広げたトイレ。
袖壁を切った時、電灯スイッチをトイレ内の手の届きにくいところに移してしまった。
毎回の操作がしにくくなり、以来ズーと電気は点けたまま。
電球はLEDには交換したけど、それでもやっぱり「もったいないなー」と思ってました。

先日、センサー付きのLED電球が有るのを知り40wタイプをアマゾンで購入。
届いたので取り替えてみると、

a0240985_81442.jpg
届いた電球

先端にセンサーが埋め込まれている


a0240985_8152125.jpg
天井に取り付けた状態

人がいる時は点灯
いなくなって2分間で消灯

もうちょっと短い時間で消灯してくれても良いのだけど調整はできない


a0240985_8151033.jpg
居間のドアを開ける前
トイレの電灯は消えている


a0240985_8151956.jpg
開けると点灯
奥のトイレまで90cmくらいの廊下幅
結構感度が良くかなり手前で点灯する


a0240985_8151319.jpg
消えたときはこんな感じ

これでと24時間点灯での電気ロス問題も解消

介護で頻繁にトイレを使う昨今、良いものを手に入れました
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-12-10 08:34 | その他 | Comments(0)
<< ゼリー作りは続いてます 茶入の仕覆、緒の準備中 >>