茶碗の仕覆 次は緒を組む
丹波布で作っている茶碗の仕覆、綿入れも終えて口を縛った。
裂が馴染むまで少しのあいだお休みだけど、この間に緒を組む。

緒の色はいつも悩みます。
今回もまだ決めきれていない、裏地と同じグリーン系? エンジ? 紫? 悩むなー。

色が決まると糸の用意ですが、その前に一仕事することにした。
糸の長さは2050mmくらい、35-40本を一組みに4組用意しないといけないけど、
この糸を簡単に用意出来るよう糸巻き器を改造することにした。
今ある物では小さくて1800mmくらいまでしか巻けないのです。
うまく出来たら載せますね。

a0240985_6443490.jpg
縫い終えた茶碗の仕覆

3種の布を剥ぎ合わせたけどちょっとくどいかも
あっさり、片身替りの方がよかったかな?
でも、このままいきます

後は緒にする糸 どれにするかは未定
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-03-09 06:56 | 仕覆 | Comments(0)
<< 丹波木綿の数寄屋袋 ケークサレも3作目だ >>