組紐の組台、天板を作り替える
仕覆の緒に使う組紐、4つの玉を使うので四角い鏡板を使う角台で組むのが定番。

だけど、私には角台より四隅の丸い丸台に近い物の方が組みやすい。
今まで使っていたものは更に糸の置かれる位置を掘り下げ花型になったものだった。
これで十分うまく組めていたのだが、もっと使いやすい天板に出来ないかと新しい鏡板の製作にかかった。

a0240985_7341195.jpg最初に用意したのはこんな形

組んでみると最悪
手前はこれでも問題ないが
奥になる2本の糸の置き場所が見えなくてうまく組めない

時間もかかって組み上がりの紐はガタガタ


a0240985_7341352.jpg鏡板は簡単に外せるようにした

台に50mmの丸い台座を付け
鏡板の裏を丸く彫りにこれに嵌め込む


a0240985_7341578.jpg次は
高さを落とし、糸の置かれる位置の彫り込みを深くした

糸はいつも一定方向に移動するので
移動側を大きく削りスムーズに回せるように
反対側は壁のようにして置き位置が安定するように


a0240985_7342473.jpg 試し糸をセットして組んでみると、おー、良くなった

置き位置が安定しピッタリ中央に決まる
運びもスムーズ
目をつぶっても組めるくらい


a0240985_7341827.jpgこれが最終形

溝を更に少し削り中央まで伸ばした
これで糸は中央部分でほんの少し浮いている程度
抜群の安定度

組み上がりも綺麗

まだテストの段階だが上々の出来上がりだと思う
実際に使うのが楽しみです
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-04-10 07:57 | 仕覆 | Comments(0)
<< 取り分けスプーンを使ってみる ヘラに焼印を押した >>