仕覆の緒、付け方でちょっとトラブル
昨日、仕覆製作の参考本を読み返していた。

すると緒の取り付け方で今までと違うところを発見。
この本は1、2年前に手に入れた今ではもう売っていない本だった。

つがり糸の絡め方が外側からスタートしている、私はずーと内側からスタートしていた。
「あれー、間違った緒の付け方をしてたのかな」っと今回この方法で取り付けてみることにした。

出来上がってみると、うまく緒が滑ってくれない。
色々調整してみたも思わしくない。
「これは駄目だな~、やり直そう」と思いながら、他の人の本も見た。
すると内側からスタートしている。
もう一人の仕覆作家の本も内側からスタート、どうやらこちらが正しいようだ。
仕覆を作り始めたとき、参考にしたのがこの本だったから、途中で変えてしまったのではなかったようだ。

それにしても、スタートが内側、外側の違いだけでこれほど扱いに差が出るのか?
実際はやり替えてみないと解らないけど。
でも、これは私の推測。
今夜にでも付け変えて検証してみます。

a0240985_6555198.jpg
今回の緒の付け方

右内側からスタートして糸をかけている

糸が緒に絡まって滑りが悪い



a0240985_6555443.jpg
今までやってた緒の付け方

右外側からスタート

こちらの方がスムーズなんでしょうね
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-07-28 07:14 | 仕覆 | Comments(0)
<< 仕覆、トラブルの修復 ジュノベーセソースを作ったよ >>