仕覆、トラブルの修復
かがり糸のかけ方が違っていて緒がスムーズに動かなかった仕覆、かがり糸を取り替えて修復した。

糸を変えると、大丈夫、うまくいきました。
やっぱりスタートは内からでないといけないのだ。

それにしても、あの本、続xxxxというのも出てて2冊とも緒のかけ方は同じ、
どうしてこんなに具合の悪いかがり方になるのに気がつかないのだろう?
そう思いながら本を見直すと、出来上がり写真もヒダが不揃いで良くないかんじ。

この本で作る人がかわいそう。

a0240985_21583868.jpg
かがり糸を切って付け直す

一度付けた糸、解いても長さが足りないので使えないのですよねー


a0240985_21583314.jpg
今度は内側からスタートです

緒を動かしてみると、良いです
これで問題ありません


a0240985_21584055.jpg
完成


a0240985_21585578.jpg
内側の棗も載せておきます
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-07-28 22:12 | 仕覆 | Comments(2)
Commented at 2014-08-15 16:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshihiko1520 at 2014-08-16 06:11
宮川さん、書き込みありがとうございます。
茶筅直しもご利用ありがとうございます。具合はいかがでしょうか?

仕覆の参考本ですが、永井百合子さん、上田晶子さん、の本が良いと思います。

メールならもっと詳しく説明できると思いますので、
yoshi@tkfuji.com
にメール頂けますでしょうか。
<< 振り出しの網袋 2 仕覆の緒、付け方でちょっとトラブル >>