道中籠に緒を付ける
やっと緒が付いた。
まだ、つがり糸を固定してないので仮状態ですが。

今回の緒の取り付けはトラブルばっかり、てこづった。

緒は市販の江戸打ち紐が有ったのでそれを使うことに。

なのですんなり決まったのだけど、
同色のつがり糸を撚ってると、1本途中で切れてしまう。
強く撚り過ぎたようだ。

作りなおして、緒を付けようとしたら、針を刺す位置が判らない。
いつもは、つがり糸を通す位置は袋の高さを決めるシツケを付ける時わかるようにしている。
今回、つがりのピッチが長いので裏と表は緒を付ける前に綴じた。
その後でシツケ糸不要と勘違い、抜いてしまったのだ。

あーあ、位置の割り出しからやりなおし。

やっと緒の取り付けにかかり、半分くらい取り付けたところでつがりが短いことに気が付いた。
長さが足りない。

糸を長くし、糸数も増やして少し太く、再度撚り直しだ。

やっと緒が付いた。
随分時間がかかったものだ。

a0240985_7152463.jpg
これから
かがり具合をチェックして固定
緒の長さを調節

もうちょっとです
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-08-22 07:39 | 仕覆 | Comments(0)
<< ローリエの乾燥 みすや針 >>