ちょっと変わった仕覆
「緒を取り替えて」と仕覆を預かった。
茶入の仕覆だけれど、良く見るとちょっと変わっている。

縫い方も緒もかがり方も普通の仕覆とは違うんです。
どなたが作ったのでしょうね、なぜこんなかたちにしたのか?
色々疑問が湧きあがります。

a0240985_07013366.jpg

緒の部分

「雲雀かがり」が使われてる
普通これは大きなものに使われるのだけど???
かがり方も間違った部分が

上の開いたところも謎です







a0240985_07013649.jpg

緒を取り外すと

うーんやっぱり不思議

さて、どうやって緒を付けましょうか
悩みます








[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-03-11 07:18 | 仕覆 | Comments(0)
<< 栗の椀、再仕上 ミズメの木地 >>