茶碗の緒
仕覆教室に来てくれてた方から仕覆の緒を頼まれた。
茶碗用、2つ作るそうだ。
長緒なので組むのにちょっと時間がかかるけど、早めに組んでお渡しすることにした。
しばらくお会いする機会が無いので郵送するつもり。
教室終了後も続けてくれてるのが嬉しいですね。

仕覆の制作では緒の入手もネックになります。
市販の緒、売ってるところは少ないし、オーダーすると時間がかかるのと結構高価。
自分で組めると良いのだけど、これまた、難関がいっぱいです。

教室では「組み方を知りたい」という方も多い。
機会あれば一度デモンストレーションしてみるのも良いかもですね。

a0240985_07170513.jpg
組み上がった長緒














[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-02-20 07:33 | 仕覆 | Comments(4)
Commented at 2017-02-20 20:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshihiko1520 at 2017-02-21 02:47
> 緝さん
振込ありがとうございます。
体調崩しておられるとのこと、お大事に。
今作ってる黒柿の棗は
友人から材料を預かってる分で全部彼のものになってしまいます。
黒柿の材はもうほとんど残ってないですが、黒檀とか別の材ならあります。
棗は気が向いたときしか作らないですが、それで良かったら作ります。
だいぶ先になってしまいますが。
大きさは60~70mmの中棗程度になると思います。
Commented by at 2017-02-21 10:01 x
おはようございます。
棗 ありがとうございます。嬉しいです。
おいくら位になるでしょう? 夫の年金暮らしの身ですから お支払いできる金額でしたら お願いしたいですが…
Commented by yoshihiko1520 at 2017-02-21 16:32
> 緝さん
棗、材種や大きさによって変わりますが、15000~30000円くらの間になります。
いずれも、漆は使わず木地仕上げです。
<< 浸透性塗料を塗る 木工旋盤は面白い >>