茶器の蓋
宗匠からたのまれてる茶器の蓋は黒柿と象牙のハイブリッドにする。
茶器は備前の印花、茶入として作られたものではなさそう。
何かの容器に蓋を付けて替え茶器にされるようだ。

70mm以上の大きな蓋、全部木でとも思ったが、
それもつまらないので中央に象牙を埋め込みツマミを作ることにした。

象牙の埋め込みは完了。
これから仕上の削りにかかります。
この茶器、仕覆はいらないでしょうね?

a0240985_06140088.jpg












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-08 06:26 | 木工 | Comments(0)
<< グラスの銀継ぎ 美味しい桃を頂いた >>