仕覆教室の補講
昨日は滴翠美術館での仕覆教室、補講でした。
前に、欠席の方が数名いて、その穴埋めだったのですが、
それと合わせて緒を組むデモンストレーションも、と興味ある方にも声かけしました。
ところがー、肝心の補講希望の方が来てない、一人も。
えええー、どうなってるの、でしたが、組紐の実演には沢山の人が。
糸の用意から緒を組むところまで、皆さんに見ていただき、ちょっと体験も。
きっと「全部自分でやるのは大変だー」と感じられたでしょうね。

又、写真撮るの忘れました。

a0240985_06254328.jpg
赤色の茶碗緒が欲しい

ということで帰ってから糸の準備です














[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-04-30 06:38 | 仕覆 | Comments(0)
スイスの杉皿
スイスに住んでおられる方から杉の板を預かりました。
どうやら建材の端材のようですがスイス産なんでしょうかね?
日本の杉とほとんど変わらないような。

これを加工して板皿にします。
良い感じだけど、柔らかくて傷は付きそう。
仕上げはいつものオイルフィニッシュです。

a0240985_06501358.jpg
ほぼ出来上り
















a0240985_06500358.jpg

















[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-04-29 06:57 | 木工 | Comments(0)
タルト生地
先日、
タルト生地を作っておこうと4つ焼いたら、1個バッキリ割れてしまった。
持ち方が悪かったんでしょうね。
昨夜はそれを使ってミックスナッツのキャラメルタルト。
割れててもなんとかなるもんですね。
うまく繋ぐと、あんまりわからん。

a0240985_07001702.jpg

















[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-04-28 07:07 | 料理 | Comments(0)
見台の引取り
先日、東京在住のアマチュア落語家が来られた。
メールで注文を受けてた見台の引取りでした。
翌日、神戸で落語会が有るということで、初使いになるとか。
名刺頂きましたが、立派な落語家の名刺。
学生時代からの愛好家だそうです。
すごいなー、がんばってください。

Kさん、ありがとうございました。

a0240985_07021861.jpg

















a0240985_07015675.jpg

















[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-04-27 07:10 | 木工 | Comments(0)
スゲ蓋の芯
振り出しの菅蓋、芯を削りました。
材は桐、これなら柔らかくてペーパーで落とせるので太さの調整も簡単。
もうすぐ連休なので、その間に仕上げましょうかね。

昨日、滴翠美術館からメールが。
5月から始まる網袋教室、4名の申し込みがあり定員に達したそうです。
それまで、2名だけだったので今回は定員割れかなと思ってましたが、
これで、仕覆と網袋、どちらも教室を始めて以来、ずーっと満席。
嬉しいですね。
がんばろー。

a0240985_07183863.jpg
右3つは陶芸仲間から芯だけ頼まれてたもの

左2つは自分のです














a0240985_07184701.jpg
芯の裏

1個割れてしまったけど接着して使います












[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-04-26 07:24 | 木工 | Comments(0)
菅蓋
振出しの菅蓋作ります。

まず芯になる木を削る。
今回は桐。
中央に穴をあけて。

肝心の振出しを持ってくるの忘れた。
これから先は器に合わせて削ります。

a0240985_07552446.jpg

















[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-04-25 07:59 | 陶芸 | Comments(0)
振出し、残ったのは2つ
振出しが6個出来上がってきた。
釉掛けと上絵を岡橋弘子さんにお願いしていたものだ。
久しぶりの轆轤で十分薄く轢けず、腰の部分はかなり削り込んでいたが、丁寧な釉掛けでゼンゼンわからない。
上絵もすばらしい、さすが岡橋弘子さん、いつもいつも有難うございます。

先週土曜日に受け取って、網袋教室で見せると、、、
残り2つになってしまった。
まだ蓋も付いてないのにね。
写真も無い。
撮っておけば良かったなー。

a0240985_07152359.jpg
手元に残った2つ

蓋を付けて仕上げます












[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-04-24 07:14 | 陶芸 | Comments(0)