カテゴリ:仕覆( 540 )
組紐用の道具たち
Tさんから頼まれてた糸用の道具、出来ました。
糸巻き器の改造、糸巻きの管、かせくり器の台、網袋用の台です。
箱に詰めて送りますね。

話変わりますが、
土曜は網袋教室、
日曜はマスターズ水泳の大会。
なんだか落ち着かないなー。

a0240985_06545827.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-22 07:00 | 仕覆 | Comments(0)
網袋、底用の筒
網袋の底を編むとき、中空の筒がいる。
今まで高台の径が大きくても35mmくらいの筒1本でやってきた。
けど、出来たら高台径と同じくらいの筒の方が編みやすいようだ。
教室で使用する筒が少し足りないので、ちょっと太い筒も用意してみた。
適当な紙筒が無いので水道用塩ビパイプです。

a0240985_06075810.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-21 06:14 | 仕覆 | Comments(0)
マイワの台
カセの絹糸を巻き取る道具マイワ。
この台を頼まれたので制作。
糸を巻く管と改造した糸巻き器と一緒に送ります。
だいぶ器具も揃ってきたので、緒やつがり糸の制作、進んでいきますかね?
Tさん、がんばってください。

a0240985_08274913.jpg















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-17 08:32 | 仕覆 | Comments(0)
仕覆教室4日目
昨日は滴翠美術館の仕覆教室4日目でした。

カメラもスマホも持っていくの忘れて、
この写真は生徒さんから送ってもらいました。
Yさん、Wさん、ありがとう。

4日目は綿入れ作業、いよいよかたちになってきますが、
進行はちょっと遅れ気味。
宿題が多くなってしまいましたが、皆さんいけるかなー?
次は緒の取付けにかかるのでやっといてくださいねー。
うまく行かなかった方は早めに来てください。
追いつきましょう。

a0240985_10464720.jpg






















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-11 10:56 | 仕覆 | Comments(0)
糸巻きは完成
水道管用の塩ビパイプを利用した糸巻きの管が完成した。
全部で35個くらい。

このくらいの数を作るとき、いつも思うのだけど、
作り方に慣れて要領よく作れるようになったころ終了となるんですよね。
一つ作るのに要する時間も最初と最後ではだいぶ違う。
次は最初からうまく作れるはず。
けど、又作るのはいつのことか。

a0240985_06262433.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-10 06:34 | 仕覆 | Comments(0)
糸巻きの側板
糸巻きに使う側板を切り出した。
30個分だと60枚、結構な数だ。

真ん中に30mmの穴をフォスナービットであけるとき指を切ってしまったね。
時間短縮にと5.6枚重ねて、先に側を丸く切って穴をあけたのが失敗。
板が回ってしまい、押さえてた左の親指と人差し指を切った。
親指は大したことないけど人差し指は少し深い。
丸く切る前の四角い状態で板が回らないよう冶具をあてるべきでしたね。
反省。

a0240985_07262700.jpg
用意した板













a0240985_07262980.jpg
穴あけ完了













a0240985_07263236.jpg
夜、バンドエイドを取り換えた














[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-07 07:41 | 仕覆 | Comments(0)
糸巻きの量産
糸巻き器の改造は完了。
あとは糸巻きですが、まず30個作ることになりました。
60色くらい持っているということでこれでも足らないかもですが。

管になる塩ビパイプの削りも完了。
側板の切出しは準備中。

接着剤、買ってきましたが結構高い。
いつも使ってるポリエチレン不可のとは倍近くします。
この一本で全部接着できたら良いのですが、ちょっと足りないかもね。

a0240985_05404265.jpg
側板を貼った筒と背着剤













a0240985_05404666.jpg
あとこれだけ貼らんとあきません












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-06 05:53 | 仕覆 | Comments(0)
糸巻きの試作
仕覆の緒やつがり糸に使う絹糸を巻く糸巻き、これも自作なんですが、レールなどを配送するとき入れられてた紙管を使ってました。
紙管はいつも同じものとは限らない、同じ径のが無くなってきてほとんど無い。
径が変わると糸巻き器にうまくセットできないのですよね。

自分で緒を組んでみたいという網袋教室に来られてた方もいらっしゃって、同じ径の糸巻きをいつでも供給できるようにしておく必要性が出てきました。
考えた末、水道管に使う塩ビパイフを使おうかと。
内径25mm外径32mm、これを50mmくらいに切って両端3mmを30mmに削ります。
そこに30mmの穴をあけたアルポリック板を差し込んで接着する。

やってみるとうまく出来そう。
後は側板が外れないようガッチリ接着することなんですが、
アルポリック板の芯はポリエチレンで出来てるので普通の接着剤では着かないみたい。
試作はエポキシ接着剤と瞬間接着剤でやってみたけど、ポリエチレン用接着剤に変えます。
使用中外れると糸が全部駄目になりますからね。

a0240985_05464113.jpg
糸巻き用のパーツ












a0240985_05464385.jpg
接着完了

硬化したら側を丸く仕上げます










[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-02 06:08 | 仕覆 | Comments(0)
カセ糸の巻き取り
網袋に使う絹糸、緑色の糸を準備した。

今回の糸、細い糸が3カセ束になっていた。
細いので切れやすくて巻き取り大変なんだけど、ちょっとコツを掴んだのかもしれない。
一度も切れることなく全部巻き取ることができた。

かせくり器にセットするとき
良くさばいて解けやすいよう巻き糸が平行になるようセットすること。
ほどけやすい方向に回すこと。
ゆっくり慎重に巻くこと。
ですかね。

a0240985_06005522.jpg
一カセづつ別の管に巻く













a0240985_06005848.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-05-29 06:13 | 仕覆 | Comments(0)
4回目の網袋教室初日
昨日は滴翠美術館の網袋教室、4回目の初日でした。
参加者は男性一人を含む7名。
なんと男の方は東京からで、朝の新幹線で来て下さいました。
そして、いつも旅行に携行するという茶箱も持参で。
小さな竹籠に隙間なく詰め込まれたお道具。
建水と茶碗、みごとにサイズ合ってましたね。
網袋や仕覆が作れるようになったら、又、中身も変わっていくのだと思います。
成長が楽しみ。

肝心の講習、
縛り方のデモ、ちょっとわかりにくかったのかな、
もっと丁寧に説明せんとあかんですね、反省。
でも、皆さん出来るようになってて次はうまくいくでしょう。

今回も途中での写真撮り忘れ。

a0240985_06404005.jpg














a0240985_06404638.jpg














a0240985_06404367.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-05-28 07:06 | 仕覆 | Comments(0)