カテゴリ:木工( 777 )
トマトソースサジ完成
ブラックチェリーのトマトソースサジ完成です。
今回焼き印は上に。
カーブのところに押すの難しいけど、なんとかいけましたね。

a0240985_08030238.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-10-18 08:05 | 木工 | Comments(0)
トマトソースサジ
トマトソースサジは細長いお玉。
長さの違う2種類作ってたけど、短い方が人気あります。
それでも長は35cm。
又、追加で作ってます。

a0240985_07342288.jpg













a0240985_07342755.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-10-14 07:40 | 木工 | Comments(0)
シャムツゲのレンゲが完成
間違って匙作りかけてた匙、指摘を受けてレンゲに取り掛かる。
出来ました。
いつでも渡せます。
先生のテレビ生出演にレンゲは登場しませんでしたね。

話変わって水泳、
来週日曜は名谷のエスパティオで大会です。
今、平泳ぎのキック改造中でタイムは大幅に落ちてるけど、このままいきます。
大きく泳ぐこと心がけてタイムは気にしない。
フォームってなかなか良くならないもんですね。
来年に向けてがんばろ。

a0240985_07360344.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-10-08 07:53 | 木工 | Comments(0)
木のレンゲは最終仕上げ
この前、匙を作ります、と書きましたが、必要なのはレンゲでした。
慌てて作り直し。
今、最終の磨き中。

今日、NHKテレビ、昼1時5分からの「助けてきわめびと」に料理家平山由香さんが生出演します。
その時、お椀とレードルが使われるようです。
レンゲは出ないのかなー?
昼なのでテレビ見れないから録画しておくつもり。
先生、がんばってくださいね。

a0240985_07350684.jpg
木工旋盤にペーパーをセットして
レンゲを磨き中
240#










[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-10-06 07:43 | 木工 | Comments(0)
今回のシャムツゲは
シャムツゲの匙を作ってます。
切り出してみると、今回の材料は節が多い。
傷のないところは半分以下のもよう。
まー、自然の木なので仕方ないですね。
取敢えず5本ばかり削ってみます。

a0240985_07060219.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-09-27 07:09 | 木工 | Comments(0)
網袋の筒
今回の教室の生徒さん、ほぼ全員が道具希望で、筒も台もほとんど無くなってしまいました。
なので次回までに道具を用意しないといけません。

この筒、今は桐を使ってます。
それもタンスを解体したときの古材。
これを貼り合わせてから削るのですが、、
これも無くなってきました。
どこか解体する古い桐ダンス無いですかね。

a0240985_08001758.jpg
古い桐材












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-30 08:06 | 木工 | Comments(0)
ハイブリッドの蓋
蓋、だいぶできてきました。

黒柿の中に象牙を埋め込む。
これは木蓋でもないし、牙蓋でもないし、どう呼んだら良いんでしょうね。
まー、複合なんで、ハイブリッドということにしておきましょう。

削り終って、塗装はガラス塗料にしてみました。
あと、裏を削って、金箔を貼ったらできあがり。
もうちょっとです。

a0240985_08022178.jpg















a0240985_08071176.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-24 08:08 | 木工 | Comments(0)
匙にガラス塗料を塗る
使い込まれた匙、ちょっと表面が荒れてたのを再手入れ。
ペーパーで磨いてガラス塗料を塗りました。

ガラスコート塗料、
硬化するとガラスと同じ性質の被膜を作る塗料のようですが説明難しい。
興味ある方は「ガラス塗料」などで検索してみてください。
私が使ったのは  グラッシーウッドSR 70cc お試し用

取り扱いは結構簡単、小さなウエスに浸み込ませて塗ってみました。
2度塗ったのがこれです。
少し光沢が増しただけで木の質そのまま、しっとり良い感じ。
これで耐久力上がってるなら万々歳ですけどね。

a0240985_06332937.jpg





















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-20 06:52 | 木工 | Comments(0)
ガラス塗料
木の食器、塗装が難題です。
まず安全であること、
水や食材の汚れを防止できること、
木の自然さを損なわないこと、
などなど、どれも満足させるものはなかなかありません。

最近、ガラスコート塗料が良いと聞き、手ごろなのを入手。
カトラリー類に試してみました。
取り扱いは思った以上に簡単。
仕上がりは、これで塗装出来てるの? と思えるほど自然です。
ほんとにこれで耐久力上がるのでしょうか?
もう一度塗ってみることにします。

ネックは値段ですね、かなり高い。
溶剤はアルコールらしくって、残った塗料は密封して冷蔵庫で保管すると良いとありますが、どのくらい保管できるのか?
特殊な塗料だけにわからんこといっぱいです。

a0240985_07464743.jpg
試用品なので小さな容器70ml












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-18 08:02 | 木工 | Comments(0)
茶器の蓋
宗匠からたのまれてる茶器の蓋は黒柿と象牙のハイブリッドにする。
茶器は備前の印花、茶入として作られたものではなさそう。
何かの容器に蓋を付けて替え茶器にされるようだ。

70mm以上の大きな蓋、全部木でとも思ったが、
それもつまらないので中央に象牙を埋め込みツマミを作ることにした。

象牙の埋め込みは完了。
これから仕上の削りにかかります。
この茶器、仕覆はいらないでしょうね?

a0240985_06140088.jpg












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-08 06:26 | 木工 | Comments(0)