カテゴリ:陶芸( 56 )
Jone Dixさんの作品展
アメリカ人陶芸家、Jone Dixさんの個展に行ってきた。

彼と知り合ったのは阪神大震災の前、もう20年以上前になる。
英語を習ってたピーターさんの紹介だった。
私は陶芸を始めて数年、やっと轆轤が轢けるようになった頃。
彼の圧倒的な轆轤の上手さと力強い作品を見て魅了された。
丁度、篠山に窯を作り始めたので良く手伝いに行ったのを思い出す。

今回はぐい吞みを一つ連れ帰った。
蓋を付けて茶器にするつもり。
大きく変形した口なので、蓋作りは苦労すると思う。
でも、ゆっくり合わせたらなんとかなるか。
ユニークな替え茶器になるでしょう。
蓋が出来たら仕覆も付けてみよう。
網袋で作るのも面白いかもしれない。

ジョンさんの個展は今週土曜17日まで。
ギャラリー縄(しょう)
大阪市中央区南船場2-10-30
です。

a0240985_05192772.jpg












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-15 05:41 | 陶芸 | Comments(0)
細い口の振出しの蓋を
振り出しにするから、と細い口の瓶を預かった。
直径は10mm以下、かなり細い。
でも、小さな金平糖なら入るでしょうから振出しには使えますよね。
芯を削ってみるとなんとかなりそう。

出来上がりは、かわいらしい。
さて、どんな袋が付くのでしょうかね?

a0240985_07530589.jpg















a0240985_07530902.jpg















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-05-02 07:54 | 陶芸 | Comments(0)
菅蓋
振出しの菅蓋作ります。

まず芯になる木を削る。
今回は桐。
中央に穴をあけて。

肝心の振出しを持ってくるの忘れた。
これから先は器に合わせて削ります。

a0240985_07552446.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-25 07:59 | 陶芸 | Comments(0)
振出し、残ったのは2つ
振出しが6個出来上がってきた。
釉掛けと上絵を岡橋弘子さんにお願いしていたものだ。
久しぶりの轆轤で十分薄く轢けず、腰の部分はかなり削り込んでいたが、丁寧な釉掛けでゼンゼンわからない。
上絵もすばらしい、さすが岡橋弘子さん、いつもいつも有難うございます。

先週土曜日に受け取って、網袋教室で見せると、、、
残り2つになってしまった。
まだ蓋も付いてないのにね。
写真も無い。
撮っておけば良かったなー。

a0240985_07152359.jpg
手元に残った2つ

蓋を付けて仕上げます












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-24 07:14 | 陶芸 | Comments(0)
振出しを作ろう
振出しが必要になってきたので作ります。
教室に来てる方からも欲しいという声がありますので。
長く陶芸から遠ざかってるので轆轤もリハビリ、茶入を轢けるよう練習も兼ねてです。
取敢えず6個。
釉掛けと上絵はOさんにやってもらいます。
あと、よろしくお願いしまーす。

a0240985_07101949.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-13 07:18 | 陶芸 | Comments(0)
土の用意
作陶をしなくなって長い、1年以上になるかな。
手持ちの振出しや茶巾筒も無くなってしまった。
ちょっと作る必要があるので来年から再開する。

その前に土の準備。
カチカチになった土は砕いて水簸。
硬くなってる土も柔らかくして準備です。

茶入も作りたいけど、しばらくは轆轤作業のリハビリ、まずは振出しから。

a0240985_07210675.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-12-17 07:29 | 陶芸 | Comments(0)
極細の面相筆
アマゾンで面相筆を探してたら200円台送料無料いうのがあった。
思わずクリック。
それが昨日届いた。
タミヤの極細面相筆、模型塗装用のようだが金継に使う。

細い線を引くときは蒔絵筆を使っていたが、これはもっと細い、ほんと極細。
繊細な線が引けそう。

それにしても、200円の買い物で送料無料は嬉しいね。
送料500円も取られたら絶体買わないもんね。

a0240985_07514313.jpg上:面相笛小

中:蒔絵筆

下:極細面相筆










[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-11-16 08:02 | 陶芸 | Comments(0)
残ってた茶入
長いこと陶芸から遠ざかっている。
ゆっくり轆轤の前に座る気になれないのですよね。

ということで、新しい茶入は作れていない。
けど、仕覆にはかかりたいので、まえに作った茶入を探してみた。
ごそごそ引っ張り出すと、まだ結構あります。
その中から使えそうなものをいくつか選び出して、まず、牙蓋の制作ですかね。

a0240985_06321117.jpg
選り出した茶入

ガラスは音堂多恵子さん作
茶器にします













a0240985_06321728.jpg
これは唯一今年出来上がったもの

蓋も手持ちのが合いました

これから仕覆にかかります







[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-05-23 06:46 | 陶芸 | Comments(0)
振り出しのすげ蓋
久しぶりにすげ蓋を作った。

今月から始まる網袋教室で使う予定の振り出し用。

桐の芯にトウモロコシの皮を巻く。
だけど、綺麗に巻けなかった。
もう一度やりなおしかな。

a0240985_06521669.jpg
振り出し

















a0240985_06521445.jpg






[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-05-10 06:58 | 陶芸 | Comments(0)
篠山のアトリエ
日曜日、アメリカ人陶芸家 John Dixさんの新アトリエお披露目パーティが有った。
場所は篠山の大上。
彼がここに窯を築きはじめたのは阪神大震災の頃だった。
基礎になるベースのコンクリート打ちから煉瓦積みまで、よく手伝いに行っていた。
もう20年になるのですね。

その場所に新しいワークスペースを築きはじめたのは2年前か。
色んな人のサポートは有ったけど、古材を持ちこみ、自分で作り上げたのだから驚きだ。
まだ骨組みだけの時しか見て無かったが、昨日仕上がった建物を見て更に驚き。
とても素人が建てたとは思えない仕上がりです。
すばらしい。

昨日、集まった人は50人以上かな?
懐かしい人もいっぱいいて、楽しいパーティでした。
雨が降らなくてよかった。

a0240985_05430075.jpg
沢山の人で
日本語と英語が入り混じる
















a0240985_05431276.jpg
メインはジョンさんが焼いたミートローフ

初めて食べたけど
メキシコ風スパイシーで美味しかった











a0240985_05564961.jpg
お茶席もあったよ


















a0240985_05432503.jpg
新しい建物はこれ


















a0240985_05434280.jpg
1階内部



















a0240985_05435409.jpg
2階です



















a0240985_05435091.jpg

このスペース
なかなかですね














[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-25 06:01 | 陶芸 | Comments(0)