<   2012年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧
寄木のウッドボウルを削ってみる
グループ展も終わって、ちょっとゆったりした昨日と今日。

木皿のかたちを決めないといけないのだけれど、なかなかコレという形に持ち込めない。
これも焦らずやってみようということで、ウッドボウルにかかる。
白いブナの間に赤のカリンを挟んだ寄木、仕上がるとどんなふうに成るのだろ?
楽しみではある。

a0240985_7514975.jpg
同じ場所で撮ってるのに表と裏では随分色が違う
これはLED電球の影響が強い色か?


a0240985_7515152.jpg
こちらは天井の水銀灯の影響だろう
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-31 08:03 | 木工 | Comments(0)
失敗したところのリペアー
久しぶりの仕事ネタ。

数十年、御贔屓いただいてるお宅のリフレッシュ、障子の張換、建具調整などの仕事を頂いた。
居間廊下の床ワックスかけ、畳表替えも。
その中に階段踏み面に貼ったノンスリップシートの剥がれ補修があった。

接着剤を入れ養生テープで浮き上がらないよう仮押さえ。
翌朝、テープをはがしてみると、なんと塗装が一緒にめくれて、みすぼらしいムラムラが。
十数段全部にめくれがある。
少しなら自分でも補修液でレタッチできるが、これだけ多いと私には無理。
専門の補修屋さんに頼むことにした。

色を調合して傷のあるところを埋めていく。
根気強く朝9時から夕方5時までビッシリ続けて、、、なおりました。
さすが専門家、ありがとうございました。

まだ清算書来てないが、補修費いくらかかるのやろう?
多分4-5万、ノンスリップの再接着は1万円程度の請求だから凄い出費、補修費の方が高いのだ。
なので、これは保険を使うことにした。

でも、これから気を付けなくては。
a0240985_741852.jpg
補修前階段


a0240985_7412657.jpg
養生テープを剥がしたあとのめくれ傷


a0240985_7414022.jpg
色を調合して細かくレタッチ


a0240985_7421420.jpg
補修の終わった階段
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-30 08:06 | 仕事 | Comments(0)
陶写苦楽無展 終わりました
陶写苦楽無展、昨日で無事終了。

来展頂いた方、ありがとうございました。
2年の一度の展ですが、沢山の方に見ていただけました。感謝です。

でも、最終日は疲れたなー。
帰ってバタン、今朝も疲れが取れません。年ですね。
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-29 07:49 | 陶芸 | Comments(0)
第7回陶写苦楽無展 の ご案内
2年に1回やっている写真と陶芸両方を展示する 「陶写苦楽無展」 今年は7回目。
皆さん力作、私は水指、茶入、茶籠などを出します。
お近くの方、どうぞご覧ください。

展覧会終了までトップに固定
a0240985_6412397.jpg
a0240985_7533911.jpg
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-28 18:00 | 陶芸 | Comments(0)
雨の最終日
作品展も最終日、でも雨。
終日居ますので遊びに来て下さい。

a0240985_10144911.jpg

[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-28 10:22 | 写真 | Comments(0)
陶写苦楽無展 打上
作品展もいよいよ最終。
最終日は搬出作業があるので前日の打ち上げ。
芦屋 ガミーラ、地下の部屋借きりで盛り上がった。

a0240985_8457100.jpg


a0240985_845996.jpg
料理はいっぱい出たのだけど写真撮らず

More
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-27 22:00 | 陶芸 | Comments(0)
黒柿の豆皿が完成
すごく小さな黒柿の豆皿が完成した、全部で8個。

どれも同じ模様は1枚もない、これが黒柿の面白さ。

小さな木皿は初めて作ったけど、作り方さえ確立すると(大きな皿とは旋盤に固定方法が異なる)
極短時間でできあがるので楽しい。
特に黒柿は1個づつ模様が違うので、新しいのに移ってもワクワクが続く。

a0240985_8541536.jpg
出来上がった豆皿
下は30cmの木皿 (メープル)
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-27 09:02 | 木工 | Comments(0)
割れの入った角皿の修理 チギリを埋め込む
以前作った木の角皿、1枚に割れが入って修理。
豊中のワインショップHTSで使われてるものだ。

良く見ると焼印を押したあたりに小口からの割れ。
もしかすると最初から小さな割れがあり、それが広がったのかもしれない。

最初は割れ部分に浸透性塗料を染込ませ接着するつもりだったが、「チギリ」を埋め込むことにした。
こうすれば割れが進むのを防げるし、傷れもまた景色として楽しめる。

a0240985_742449.jpg
割れの入った角皿
左下、焼印のあたりに割れがある


a0240985_742767.jpg
割れ部分拡大

「チギリ(契り)」という木片を埋め込む
材はカリン
メープルの白とカリンの赤、チギリが景色になり割れも楽しむ

この後、割れ部分に浸透性塗料を入れ強化した
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-26 07:53 | 木工 | Comments(0)
陶写苦楽無展 2日目
作品展、初日は雨。
来て頂いた方は少なかったが、その分「ゆっくり見れて良かった」と言って頂いた方も。

2日目は良い天気。
昼頃行ってみると、途切れることなく丁度良いベースで見ていただいている。
二時間ほど居たが、その間懐かしい方と次々再会。
やっぱり会場には出来るだけ居た方が良さそう。

3日目。
今日も昼くらいに行くと言って頂いてる方が。今から行きます。

a0240985_954538.jpg
赤のクロス、すごく目立つし華やかで映える
なかなか良い感じに仕上がった

白のクロスより作品のアラが目立たないかな
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-25 10:03 | 陶芸 | Comments(0)
黒柿の豆皿
棗用に集めていた黒柿材、中には大きな割れで棗には使えないものも。
別の物に使うため置いてあるが、やっと使い道が出てきた。
直径7-8cmの豆皿、サンプルで預かったものと似た形に仕上げるつもり。

a0240985_7475057.jpg
割れのある黒柿材


a0240985_7485781.jpg
製材して板に


a0240985_749194.jpg
旋盤にセット


a0240985_7492377.jpg
セット裏面
チャックは35mmコレットチャック
小型チャックなので裏面が削り易く丁度良い
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-10-24 08:07 | 木工 | Comments(0)