<   2013年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧
栗のボウルを仕上げる
今まで作ってきた栗のボウルや皿、乾燥済で仕上待ちのものが随分溜まってきた。
浸透性プレポリマーを塗装して再研磨、最後に蜜蝋とオイルを混合したワックスを塗る。
これで未乾燥の数点を除いて今までのものはほぼ完成。

a0240985_8163348.jpg
昨日ワックスをかけた直後の鉢
たっぷり塗ったのでピカピカだけど数日たつと落ち着くはず


a0240985_8163523.jpg
今朝、余分なワックスを拭き取った
このまま保管することに
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-28 08:24 | 木工 | Comments(0)
3作目のトレーの準備
手持ち木工旋盤の限度ギリギリ、350mmに近い加工ができるのがわかって、
昨日、3作目のトレー材を準備。
今度は少し小さくて300mmに仕上げる予定。
材料は白木のヨーロピアンビーチ、ブナ材です。

2作目チークと同様、3枚剥ぎで板を用意。
接着強度が上がった明日以降の加工とします。

a0240985_852581.jpg
この寸法を締めるクランプ、良いのがなく古い締ばたを使用
最近のクランプは強い力で締められるけど
昔のはあまり良くないです
なので本数を増やして
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-27 08:58 | 木工 | Comments(0)
チークのトレイ 再度調整
昨日、一度仕上げたチークのトレイ、厚みや重さなどがちょっと気になり再度削りなおすことにした。
でも、今までのチャックではこの大きさの完成品を旋盤にセットすることが出来ない。
新たに2mmのアルミアングルで薄いジョーを作った。

結果、成功。345mmのトレイをギリギリ掴める。
裏を少し削ってサンディング、昨日よりは良くなったと思う。

a0240985_1882046.jpg
薄い爪を付けた木製チャック
これでトレイ裏面を削る


a0240985_1882269.jpg
2mmアルミアングルでジョーを作った


a0240985_1882466.jpg
ベッドとの隙間は数ミリ
この形も350mm近くの大きさまで作れることになる
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-26 18:11 | 木工 | Comments(0)
大きなトレイの製作
今使ってる木工旋盤の最大加工径は350mm、これ以上は削れない。
チーク柾目の材料が見つかったので、めいっぱいのトレイを作ることにした。
と云っても、これだけの一枚板はなかなか無い、3枚を剥ぎ合わす。

やってみると、表を削るのは問題無い、巾345mmで削れた。
ところが、、、裏を削るのに困った、チャックから外して裏返すと掴みようがない。
周辺を掴むには爪は350mmを超えてしまい回せない。
ゆるやかに傾斜した縁は滑べって内ではキャッチ不可能。
真空チャックだと固定できるのだけどーー、(欲しくなりそう、いやいや我慢)
仕方なく元のチャックのままで裏周辺を仕上まで削り、慎重にチャック周辺を削り込んで後は手で仕上。

やっぱりもう少し径を小さくして周辺で掴めるようにした方が良さそう。
この形の場合330mmくらいだと問題なく出来るだろう。

a0240985_739336.jpg
3枚剥ぎの材料を350mmの円にカット


a0240985_7391469.jpg
表とを削る


a0240985_7391725.jpg
裏の削りはちょっとやっかい
ツールレストがうまくセットできない
位置を変えながらなんとか削る


a0240985_7391931.jpg
仕上がったトレイ 未塗装
直径345mm


a0240985_7393766.jpg
蜜蝋オイルを拭き込んだ
シットリして良い感じに

もう少し高さを落とした方が良さそうなので
チャックを工夫してやってみるつもり
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-26 08:03 | 木工 | Comments(0)
次はこの棗の仕覆に取りかかりたいけど
今年になり、ずーと磨き続けていた棗、良い光沢になってきたのでそろそろ仕覆にかかりたいところ。
まだ表裂を決められずにいるが、日曜、ちょっと時間が有ったので採寸して作図の準備。
さて、どんな裂が選ばれることになるか???

a0240985_88079.jpg
左:黒柿小棗

右:スネークウッド長棗
この裂はだいたい決めている
中身に合わせて巳年の裂
私の手持ちには無いので所持してる方に裂交換をお願いした
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-25 08:20 | 仕覆 | Comments(0)
マーマレード作りに挑戦
先週、長くお世話になってる設計事務所をリタイアした方から、庭に出来た夏ミカンをマーマレード用にと頂いた。
つややかで立派なミカン。もちろん無農薬。
ブラックベリーやイチゴのジャムは作ったこと有るけどマーマレードは初めて。
ネットで作り方を調べて昨日実行。

やってみると、中身を取りだしたり皮を刻んだり、時間がかかる。
時間をかけ皮の渋みも取りました。
たっぷり半日かけて、出来ました、瓶に4つ。
なかなか良い出来だと自己満足。
又、機会があれば作りましょう。

a0240985_7495767.jpg
頂いた夏ミカン


a0240985_749597.jpg
身を取りだして


a0240985_750140.jpg
皮を刻んで
何度も水を替えて煮込んで


a0240985_750343.jpg
種からペクチンを取り


a0240985_750564.jpg
合わせて煮込む


a0240985_750728.jpg
瓶に3.5本出来ました


a0240985_750987.jpg
今朝の試食
なかなか良い出来です

いつもパンには何も付けずの朝食
でもしばらくはこれですかね
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-24 07:55 | 料理 | Comments(0)
桜のカトラリー製作
カトラリーのオーダーがあったので作りにかかります。

ここのところ未乾燥栗材でのウッドボウル製作ばかりやってました。
これは乾燥後の変形が面白く、切削もあまり気をう使わなくて良いので作ってて楽しいのです。

一方、スプーンやフオークなどカトラリーは小さい割りに手間と時間がかかり、左右対称にかたちも揃えなくてはいけないので結構気をつかいます。
サラダサーバーは前から何組か頼まれてたのですが気乗りがせず途中でほったらかし、作らずにいました。
今回のオーダーでカトラリー製作モードに気持ち切り替え、気を入れて作ることにします。

でも、栗材が乾燥しない間にウッドボウルももっと作らなくては。
乾燥すると収縮での変形がなくなり丸いものばかり出来てしまうので、未乾燥の今、いっぱい作っておく必要があるのです。
この未乾燥栗材の製作、ナチュラル ワープ シリーズと名付けます。自然な歪シリーズ。

しばらくはカトラリーとウッドボウル並列製作ですね。

a0240985_6511431.jpg
木取りしたカトラリー
材:アメリカンブラックチェリー

右と中:前から作りかけてたサラダサーバー
左:ケーキヘラ
  ケーキ製作時生地やクリームをならすのに使う


a0240985_6511653.jpg

少し加工が進んで
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-23 07:17 | 木工 | Comments(0)
失敗続きの自作サンディングパッドは結局市販品改造に
ミニエアーサンダー用のサンディングパッド、何度も何度も自作失敗。
結局自作は諦めて市販品を改造することにした。
色々検索して見つけた新しいネットショップで購入したミニエアーサンダーに付属のパッドと全く同じものを発見。
付属は50mmだったが75mmの物もあり購入することに。
価格はかなり安い。エアー工具もコーナンより安いくらい。
3000円代の買い物だったが送料も無料、なかなか良いショップのようだ。
これから時々利用するようにしよう。

a0240985_751293.jpg
購入したエアーパーツとサンディングパッド


a0240985_7513190.jpg
50mmのディスクにマジックテープを接着補強し
75mmのペーパーが付けれるようにした
首も20mm長くする

溜まってた鉢の内側を研磨してみたが快調
貼り付けたマジックテープがしなって曲面の研磨もうまくいく
パッドはこれで解決かな


a0240985_7513337.jpg
同時に購入した50mmのサンドペーパー
他のところより安かった
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-22 08:07 | 木工 | Comments(0)
北新地 弘屋さんへ
昨夜は北新地 弘屋さんへ。
昨年納めた木皿、どんなふうに使われてるのか実際に見たいと思ってたのがやっと実現。
7時過ぎ、8席のカウンターは満席で両隣の席には木皿に盛られた料理が出されておりました。
左の方には平らな面使いで、右の方には裏のお盆型で、両方の使い方を同時に見れて感激。
その写真を撮らせてもうらうわけにもいかず、自分の席にはいつ出てくるかな、、と期待しながらシャンパーニュを。

出ました、品良く乗せられた美味しい料理。
説明良く聞いてなかって、何で出来ているのかわからなかったけど美味しいからそれで十分。
あっと言う間に食べてしまいました。

最後のデザートも「木皿に乗せて」と無理にお願い。

昨日は楽しい夜でした。
菅沼さん、ありがとうございました。

a0240985_854454.jpg
2品目だったかな? 木皿に乗せられた料理


a0240985_854119.jpg
デザートはこんな具合いに


a0240985_854685.jpg
出来たばかりの新作栗のボウル
持ち込んでわがまま言ってりデザートを入れて頂きました
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-21 09:24 | 料理 | Comments(0)
失敗続きの自作サンディングパット 又も失敗
前回スポンジゴムの破損や接着部分から剥がれて作り直しのサンディングパッド、
今度は硬いゴムでがっちり接着、これで大丈夫と使ってみたら、
なんと、6mmのボールトが折れてしまった。
取付部からファスナー面まで40mm、距離を取ったので、すごい力がかかるのでしょう。
うまくいかないなー。

a0240985_1021394.jpg
6mmボールトが折れたパッド

作ったパッド、何個かある
エアー工具に取り付けるのは諦めて
手持ちの研磨パッドとして使うことにしよう
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-02-20 10:04 | 木工 | Comments(0)