<   2013年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
アルバム、仕覆作品集を更新しました
この作品集は私の仕覆作りの履歴なんですが最近の更新さぼってました。

仕覆作品集

仕覆を作ろうと決心したのは2006年末、それまで針を持ったこともなく運針の練習から始め、やっと2月に1作目が出来上がった。
100個作ったら作品展、、と、どんどん作ってた初めの頃。
150個あたりで念願の2人展、5人展。

その後、滴翠美術館展は何個目だったのかなー?
このあたり、主要な仕覆の写真が結構抜けてて作品集だけではすぐにわからない。

滴翠展が終わると気が抜けて、陶芸での茶入作りは無し、それに伴い仕覆作りも減りました。
でも、又、作りたくなってるのですよねー。
新しい茶入作りも再開しなくては、がんばろー。

a0240985_711877.jpg
仕覆作品集の画面

連番は363だけど茶籠や網袋など抜けてるのもかなりある
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-30 07:44 | パソコン | Comments(0)
急ぎの仕覆 4  完成しました
片山雅美さんの茶入、仕覆が完成です。

口を縛って10日間、裂も茶入に馴染んできた頃、緒を付最後の仕上げ。

気にいって頂けるといいのですが。

a0240985_848573.jpg
仕覆:星入石畳紋


a0240985_8481968.jpg
茶入:片山雅美作 手捻り 赤織部釉
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-29 08:52 | 仕覆 | Comments(0)
バイト研磨用台の作り替え完了
購入したNova Sharpening Center、前のグラインダー研磨台では取付けできないので作りなおした。
新しくしたとはいっても私のこと、グラインダー台、ベルトサンダーの固定台など不要になる台を解体しての再利用。
新しい材料はほとんど使わずの一見ポンコツ台だ。

グラインダーとベルトサンダーを一か所に集めたこの台、見栄えは悪いけどなかなか使い心地は良い。
古材利用なので良しとしましょう。

セットしたNova Sharpening Center、思ったより使い心地が悪い。
ボウルガウジを研ぐにはスクレーパー研磨用の傾斜台を外さなくてはいけない。
この取り外し、再セットがワンタッチというわけにはいかず、ちょっと面倒、
ただ、ボウルガウジの研磨治具はなかなか良くうまく研げる。
通常ガウジ専用にセットしておき、スクレーパーレストは簡単に取付けできるよう改造すると良いかもしれない。

a0240985_6224931.jpg
バイトの研磨はベルトサンダーを使うことが多くなった

グラインダーは荒研ぎ
ベルトサンダーは仕上研ぎと研ぎ直しといったぐあい
このサンダー、音が大きいのが難点かな
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-28 06:47 | 木工 | Comments(0)
25cmと30cmの栗鉢を轢く
最後に残っていた25cmと30cm用の厚さ60mmの栗材、荒繰りして乾燥を待つことにした。

すでにかなり反りが出てて削ると50mmを切る。
19cmの鉢なら55mmくらいで仕上がったので大きくなるほど厚みが減るんですねー。
当たり前だけど、なにかちょっと損をした気分。
これから更に反りが出たら、もっと薄くなって皿になってしまう、反らないで欲しいものです。

仕上げ削りはちょっと先になりそう。

a0240985_6383336.jpg
鉢材を旋盤にセットして荒く削る


a0240985_6392962.jpg
裏は再度旋盤にセットできるようチャック用の穴はそのままで


a0240985_6384543.jpg
表も歪を考慮して分厚くしておく

削ってみると、2つとも綺麗な木目が出た
一番巾の広い良い場所から取っただけのことはある
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-27 06:47 | 木工 | Comments(0)
川西産のイチジク
久しぶりに食べ物の話。

火曜日、妹が川西産のイチジクを沢山持ってきた。
週2回、産地直売が行われてるらしくそこで買ってきたもの。
大きなイチジク1パックと小さなもの数多くだったけどどれもジューシィで甘い。

川西産、やりますねー。

a0240985_7383640.jpg
川西差のイチジク
大きいのが6個入ったパックは450円
小さいのはいっぱいあって250円だったらしい
小さくても十分甘い

もう随分食べてしまって残りはこれだけに


a0240985_7384496.jpg
イチジクを見たらサラダしか思いつかない単細胞
毎夜のイチジクサラダ

鉢はヨーロピアンビーチ


a0240985_7383798.jpg
昨夜はせめて木鉢を変えて

栗鉢で


a0240985_7383784.jpg
スーパーで買ってきてたイチジク

川西産と比べるとやっぱり見劣りする
出番がなくなったのでコンポートに
柔らかくトロトロになったのは食べやすいのか親父も喜んで食べる
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-26 07:52 | 料理 | Comments(0)
急ぎの仕覆 3
製作中の仕覆もどんどん完成して、今仕掛かり中はこの仕覆のみ。
これも裂を馴染ませるためお休み中

この間、緒を組む。
最初組んだのは48本 x 4組の緒、組んでみると少し細く3.4mm。
もう少し太い方が良いかなと55本にして再度組んでみた。
今度は3.6mm。

くらべてみてこの仕覆には太い方を使うことにする。
細いのは別の小さな茶入か棗に使うことにしよう。

a0240985_648120.jpg
お休み中の仕覆と組み上げた緒

次の日曜あたり取り付けるようにしたい
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-25 07:04 | 仕覆 | Comments(0)
黒檀の棗に仕覆をかける
夏からかかっていた黒檀棗への仕覆、3個目が完成した。
これで今手持ちの自作棗には全部袋をかけたことになる。

暑いからとか腰が痛いからと言って敬遠してきたベランダ木工、その分室内で出来る仕覆の製作ははかどっていた。
お彼岸も過ぎて暑さもそろそろ落ち着ちつくころ、外の作業を再開しないといけないですね。
台風などで旋盤や工具も錆びれるかも、まずは手入れからかな。

a0240985_6522890.jpg
仕覆 二重蔓牡丹紋


a0240985_6522968.jpg
黒檀長棗
小ぶりの棗です
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-24 07:06 | 仕覆 | Comments(0)
音堂多恵子さんの茶箱に仕覆をかける 11 完成
茶箱の仕覆、完成しました。

茶入の仕覆は相当作ってるのであまり戸惑うことないけど、茶箱は数個目。
今回も戸惑いました。

やっぱり綿入れが難しい。
それとー、この茶箱、一辺が20cmの正方形。
でも完全な正方形ではなくて微妙に長さが違う。
で、どの面が正面かわかりにくく、入れ方によっては仕覆がうまく沿わないのです。
4面、どこでも入ってしまうだけにやっかい、印つけるわけにもいきませんしね。

a0240985_97080.jpg
完成した仕覆


a0240985_97437.jpg
中身の銅編箱 音堂多恵子作
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-23 09:15 | 仕覆 | Comments(0)
涼しいつなぎ服は無いものか
木工旋盤での加工、とにかく木屑が飛び散るので服は上下繋がったつなぎ服が一番良い。
だけど夏は暑くて、いつも汗びっしょり。

夏用の半袖も手にいれてみたが、目がつんだ生地ですごくむれる。
たまらず、昨日尼崎の作業服屋で薄手で脇の下があいてるのを買った。
もっと薄い生地のが欲しかったけど無かったなー。結構種類はあったのだけど。
極薄というのはどこで手に入れることができるのか?
ネットでは厚みまではわからないしねー。

繋ぎ服はこれで冬の厚手、半袖、薄手が2枚と4枚。
値段は上下分かれた作業服よりズーと安く2000円以下でもあるから助かる。
安いものしか買ったことないけど、高いものにしたら涼しいのやろうか?
わからんなー。

a0240985_6395950.jpg
脇が風通し良くなってるつなぎ服

早速使ってみたら、今までのよりは良いけどやっぱり汗をかく
生地自体の風通しが悪いみたい
もう少し涼しくなれば丁度良いのだけど
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-22 07:10 | 木工 | Comments(0)
木工旋盤用バイトのシャープニング
木工旋盤に使う刃物(バイト)、今まで研磨はフリーハンドで行ってきた。
だけど、もう少し精度を上げて研磨するため、Nova Sharpening Center を購入。
ニュージーランド製だ。

箱らか出して仮組みしてみると、これを付けるにはグラインダーの台から改造しなければならないことが判明。
なにしろ今使ってる台、間に合わせに間近にあるものを何段も積み重ね適当に作ったものだから使い勝手はすこぶる悪い。
この再、もっと使いやすいものに作り替えよう。
と言っても私のこと、又、そのへんにある台を改造して作り直すことでしょうけどね。

a0240985_9475058.jpg
使用中のグラインダー
これに下のシャームニング台をセットする

出来たら横にベルトサンダーも置きたいけどスペースがあるか?


a0240985_947158.jpg
Novaのシャープニング センター
これを使うとボウルガウジも正確に研ぐことができる(らしい)

さー、来週は台作り
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-21 09:54 | 木工 | Comments(0)