<   2014年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
アミューズスプーンは完成した
栗のレンゲ(アミューズスプーン)が出来上がった。

9個の材を切り出し、2個は木目が悪いので途中で破棄。
7個と見本の1個で進めることにした。

レンゲはボウル部分が大きくて深く、全部の形を合わせるのは普通のスプーンより難しい。
8個で6個揃えるのはちょっと無理だった。
もう少し多く作った方が良かったかもしれない。

でも、次は加工ポイントも絞れるのでもっと良くなるでしょう。
次の課題ですね。

a0240985_7191968.jpg
花びら型に並べてみた

パッと見ると悪くないんだけど


a0240985_7191696.jpg
積み重ねると

収納性はいいですね
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-31 07:42 | 木工 | Comments(0)
昨日はいろいろ
昨日は天気が良かったので、塗装日和。
貯まってた小皿、栗鉢、加工中のレンゲも2度目の塗装。

更にアメリカンブラックチェリーのプティフォークも端材から切り出した。

いろいろ加工ははかどりました。

a0240985_733062.jpg
急いでる栗のレンゲ 形を整えて2度目の塗装
仕上がりまでもうすこし

後は貯まっていた小皿


a0240985_7331471.jpg
乾燥中だった栗鉢6個も研磨して塗装


a0240985_7331780.jpg
荒削りしたプティフォーク

材料的にはこれが一番無駄がないですねー
端材の利用にはぴったりのアイテムかな
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-30 07:44 | 木工 | Comments(0)
次はちょっと派手な寄せ裂数寄屋を
数寄屋袋、いままで作ったのはちょうど半分のところで繋いでいた。
それとわりと似通った色調のシックなものが多かったので今度は派手なアクセントにしようと、
強い色を部分に入れてみることにした。

a0240985_7563883.jpg
1/3くらいを赤にしてみたつなぎ裂

出来上がるとどんな感じになるのでしょう?


a0240985_75641100.jpg
派手な龍村のハギレ
下は以前頂いていたテーブルクロス

これも嵌め込んでみようと思います
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-29 08:03 | 茶道 | Comments(0)
栗のアミューズスプーンを作る
栗の皿や鉢を作っていると端材が沢山出る。
小さくて何も作れそうにない物は薪ストーブ用の燃料に友人に引き取られる。
栗材は硬くて他の材より火の持ちが良いそうだ。

それより少し大きなものはダンボールに詰めて置いてある。
何か小物を作る時の材料だ。

その中からレンゲを作ることになった。
まず、ちょこっと料理を盛るアミューズスプーン、口に入れるものではないのでちょっと大きめ。

a0240985_7135796.jpg
取れそうな端材をマーキング


a0240985_714666.jpg
バンドソーで切り出していく


a0240985_7145362.jpg
更に形を決めていくとちょっと使えないものも出てきたので2個を追加


a0240985_7145581.jpg
なんとか7個分を削り終え1回目の塗装
(1個は見本でつくっていたもの)

乾燥したら仕上げ研磨にかかりましょう
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-28 07:28 | 木工 | Comments(2)
数寄屋袋が続きます
日曜日はいつものように外出出来ず、一日居間でテレビを見たりゴソゴソしたり。
おかげで数寄屋袋はだいぶ進みました。
4個がマグネットボタンの到着待ち。

a0240985_843644.jpg縫いあがった表を返してみると

こうしてみると寄せ裂でもわりと地味かな?
もう少し対比したのが有っても良さそう


a0240985_8431170.jpg裏地も結構使いますねー
大きな手持ちは少なくこの色は無くなってしまった
どんな色にも合う長尺のが欲しくなりますね
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-27 08:49 | 茶道 | Comments(0)
数寄屋袋い使う裂
数寄屋袋は結構好評なようで、もうちょっと作ってみることにした。

どうせ作るなら寄せ裂の方がユニークで面白いかなと小さな裂を並べてみる。
どれとどれを組み合わせるか、、ほんと迷います。


ざーと並べた小裂

いったいどんな組み合わせが良いのだろう
センスが問われる



取敢えず3枚組み合わせてみた

左下は以前使った寄せ裂風の一枚裂
一見派手で変な取り合わせに見えるけど
袋に仕上がると良いのですよねー
このあたりが面白いところ


a0240985_802452.jpg
愛用のクモの巣接着シートも残り僅かになった
裂どうしや紙芯を貼る時便利なんですよね

茶入の仕覆と違い数寄屋袋は接着する面積が広くて
接着芯も沢山使う

どちらも追加仕入れしなくては
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-26 08:13 | 茶道 | Comments(0)
4つ目の数寄屋袋はほんとの寄せ裂
嵌まってる数寄屋袋の製作、4つ目にかかりました。

3つ目も寄せ裂風だったけど、これは中央で分かれた模様の1枚の裂だった。
今度は2つの裂を繋いだほんとの寄せ裂、どんな裂を繋ぐのか組み合わせが面白いのですよね。

a0240985_875239.jpg
今回使ったのはこの2枚
どちらも金襴です


a0240985_8133077.jpg
2枚を繋いだ部分


a0240985_88558.jpg
表と裏の縫い終わり

マグネットボタンが無くなったので到着待ち
これが来たら完成だ
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-25 08:12 | 茶道 | Comments(0)
小皿の加工
作り続けてきた栗鉢。
直径20cm近くの材料を切り出すと、それが取れない材料がいっぱい残る。
その中から小皿が出来そうな部分を荒削りし雨風にあたるよう置いてあった。

一番新しいのが昨年7月だからもう半年近くが経つ。
そろそろ乾燥してるころ、合間をみて仕上げることにした。

a0240985_753336.jpg
乾燥中の小皿

木材置場の板の上に置いてある

雨も少しあたるのでアクが出て黒くなったものも


a0240985_7533674.jpg
削り出した小皿

厚みがあるから小皿というより小鉢かな
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-24 07:49 | 木工 | Comments(0)
3つ目の数寄屋袋は完成
寄せ裂ふうの裂を使った数寄屋袋は出来上がった。

どんな感じになるのか解らずに作ったのだけど、出来上がってみるとなかなか良い感じ。

これだと2枚の小裂を継ぎ合わせると面白い。
だけど、手縫いはおっくう、ミシンが欲しくなりますねー。
うちのミシン、どこに入れてあるのだろう?

a0240985_7475392.jpg
わりとふんわりあがりました


a0240985_7475749.jpg
開いてみると

今度作る時は菓子切や扇子を入れる専用ポケットを付けたいなー
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-23 07:57 | 茶道 | Comments(0)
最後の栗鉢4枚 削り完了
前日切り出していた4枚の栗鉢、削りを完了した。

これで手持ち60mm厚の栗材は全てなくなりました。
もうちょっと作りたいところだけど、新たな板が入るメドが無し。
船坂の材木屋さんにはまだ栗の在庫はあるけど、かなり大きな板ばかりで「次はこの値段では売れない」と云われてる。

どこか良い材料ありませんかねー。

a0240985_8273568.jpg
切り出した4個の鉢材

1個は削り終わったものだけど、この鉢
前日表を削り終え裏も8割方終わったところで来客などで中断

次の日削りにかかると狂っててうまく削れない
やっぱり一気に削らないといけませんね
なにしろ口縁は極めて薄いですから


a0240985_8273790.jpg
4枚完了

栗鉢用の予備材が無くなるとさびしいですね
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-01-22 08:41 | 木工 | Comments(0)