<   2014年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧
木皿の写真
久しぶりに大きなグラデーションシートを広げた。
三脚も出して木皿とレンゲなどの撮影。

だけどこの高さだと腰が痛い。
ライティングもイマイチかな。
ちょっとセッティングを変えて又撮ってみます。

a0240985_6582167.jpg
座卓の上に広げたグラデーションペーパー


a0240985_6584965.jpg
レンゲ


a0240985_659161.jpg
木皿とレンゲ
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-30 07:06 | 写真 | Comments(0)
仕覆は有るのに蓋が無い茶入
ちゃんと仕覆は付いているのに蓋が無い茶入がいくつかある。

他の茶入に蓋を流用したり、まだ蓋が無くて別の蓋を合わせて仕覆を作った茶入たちだ。

昨日はまとめてこれらの茶入に蓋を付けた。


a0240985_738614.jpg4個の茶入

下の蓋は出来上がったもの


a0240985_738347.jpg3個の裏面

1個はもう少し厚みが有れば象牙無垢でいけたのですが


a0240985_7381826.jpgこの1個は薄い材だったのでツマミを付け足した

中央にツマミ部分が抜けている


a0240985_7381421.jpg上面
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-29 07:47 | 茶道 | Comments(0)
396個目の仕覆
396個目、400まであとちょっと。
今年中に到着できるのでしょうか?

a0240985_7212635.jpg
今回のはこんな感じ。

やっぱり緒の色に迷います。


a0240985_7212083.jpg
中身の肩衝茶入

蓋は窠蓋、良い感じになりました
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-28 07:27 | 仕覆 | Comments(0)
レンゲの製作
シャム柘植のレンゲを作っている。

今回は特別綺麗なレンゲが6本欲しい。

手持ちのシャム柘植原木は細く、小さなな節もあちこちに有るので歩留まりは悪い。

a0240985_729564.jpg
点前:仕上げにかかる7本

奥:節などがありハネた7本

結局歩留まりは5割だった
あまり良くないねー


a0240985_7295050.jpg
レンゲは深いボウル部分をどう作るかがカギ

クロスストロークバイスにセットしてルータービットで掘る


a0240985_7295277.jpg
まず小径のビットで深さを決めて


a0240985_7295481.jpg
大径のビットであらかたの形に

このビット、サジ面ビットを改造したので底が削れないのです
なので2種類のビットを使用
この径の丸面ビットが有れば一度でいけるのですけどね

この後は丸ノミ、ペーパー、スクレーパー、色々使って仕上げです
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-27 07:41 | 木工 | Comments(0)
試作
今やってるカトラリーの試作。

ひとつは赤ちゃん用のスプーンとボウル。

もうひとつはサジの大きい版。

どちらもだいぶ進んできたね。

a0240985_6585791.jpg
ベビースプーンとボウル

ボウル:ウオールナット
スプーン:シャムツゲ

どちらも塗装無しでオイルフィニッシュの予定

だけど、ボウルを洗剤で洗ってみると毛羽立ってくる
このあたりを解決する必要がありそう


a0240985_659736.jpg
栗でも作ってみるつもりだが
アク出しで乾燥中


a0240985_659175.jpg
上:新サジ

ボウル部分を大きく、深く
汎用で使えるように
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-26 07:09 | 木工 | Comments(0)
乾燥バジル
ベランダのバジルも下葉がだいぶ落ち終盤かなという状態。

日曜日、片方の鉢は全部切って乾燥することにした。

a0240985_7194365.jpg
切り落とした鉢


a0240985_7195368.jpg
乾燥させた葉

夏場、気温は高いのになかなか乾燥しなかった

今は1、2日でカラカカに

やっぱり湿度が違うのですね


a0240985_7194958.jpg
ミルサーにかけて粉々に

結構ある葉、乾燥させると随分小さくなり
粉にするとほんのチョット

この瓶一杯にするにはどれだけいることか


a0240985_7194720.jpg
まだある一鉢

もうしばらくこのままいきます
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-25 07:31 | 料理 | Comments(0)
乾燥バジル
ベランダのバジルも下葉がだいぶ落ち終盤かなという状態。

日曜日、片方の鉢は全部切って乾燥することにした。

a0240985_7194365.jpg
切り落としたバジル


a0240985_7195368.jpg
乾燥させた葉

夏場、気温は高いのになかなか乾燥しなかった

今は1、2日でカラカカに

やっぱり湿度が違うのですね


a0240985_7194958.jpg
ミルサーにかけて粉々に

結構ある葉、乾燥させると随分小さくなり
粉にするとほんのチョット

この瓶一杯にするにはどれだけいることか


a0240985_7194720.jpg
まだある一鉢

もうしばらくこのままいきます
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-25 07:31 | 料理 | Comments(0)
ツマミを継いた象牙の蓋
薄い象牙の蓋、ツマミを繋いでみることにした。

a0240985_8431687.jpg
最初失敗して入れた象牙が折れてしまい、穴を6mmに
大きめの穴になりましたね


a0240985_8432198.jpg
ツマミを削り出す

繋ぐところは蓋と同じ径6mmに


a0240985_8432423.jpg
エポキシ接着剤で繋ぐ


a0240985_8433037.jpg
太め長めのツマミに

削る量が多くなりました


a0240985_8433983.jpg
出来上がり

左が繋いだ蓋

云われてもわかりません


a0240985_8435274.jpg
裏の金箔貼り

今回は切れ目を入れずに貼りました


a0240985_8434450.jpg
茶入にセットしてみると
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-24 08:52 | 茶道 | Comments(0)
cuillereの木皿
cuillereの木皿を作ってます。

3年ほど前、ひょんなことから作るようになった木皿、木の食器を始めた原点です。

あの頃は棗を作るのに傾倒してて大きな食器は初めて、知識も経験も道具も不足で悪戦苦闘でした。
100枚以上作ったこの木皿、良い経験になりましたねー。

今では、この形ならスイスイ作れるけど、時間はかけてます。
木は狂う、一気に仕上げず日にちを置いて作ることで狂いの少ないものになるのです。

この皿はもうすぐ出来上がり、木目も結構良いですね。

a0240985_6233217.jpg
塗装中の木皿とレンゲ

木皿:ブラックチェリー

レンゲ:シャム柘植&ブラックチェリー
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-23 06:45 | 木工 | Comments(0)
また牙蓋の話ですが
このところ牙蓋の話題が多くなってます。
頼まれたり、仕覆製作用の茶入が必要になったりして牙蓋削りが続いているからです。

長い間お休みだったベランダの木工旋盤も牙蓋専用旋盤になってしまった。
まー、この方が削り屑も少なくて良いのではありますが。

ただ、夜、電気をつけての削りは光量不足で細かな所が良く見えず、もっぱら休日の昼間ですかね。

a0240985_7524616.jpg
昨日出来上がった蓋

右:土屋伊沙子さんのサンドブラスト茶入
外国(バルト三国らしい)へお嫁入りです

左:芯が中央に入った蓋
小さな材でどうしても中央になってしまう
ツマミも継ぎ足してやっと完成
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-09-22 08:03 | 茶道 | Comments(0)