<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
バジルを植え替えた
今年のベランダはバジルのプランターが陣取ってます。

最近は毎週のようにジェノベーゼソース作り。
ナッツとバジルを混ぜ合わせるだけで簡単、、、と思ってたのですが、
やってみると結構難しい。

フードプロセッサーが一番簡単で後始末も楽なんだけど、出来上がりはちょっと荒め。
ミキサーが良いと聞き使ってみると、うまく回らなかったり、容器が深くて取り出しも後始末も大変。
なかなかうまく行かないものです。

昨日もやりました。
新しい苗に植え替えるので株は全部根元から切り取った。
ソースには状態の良い葉だけ使う、意外と少なかったです。

後はプランターの土を入れ替えて苗を植える。
これからはそれほど大きくはならないけど、まだしばらくは楽しめるでしょう。

前回作ったソースを陶芸仲間におすそ分け、
するとlineのグループではこの話題でにぎわってます。
自家消費だけじゃなく、こうやって盛り上がるのも楽しいですね。


a0240985_07012301.jpg
刈り取った葉

黄色くなった下の葉は使わなかったので
あまり取れなかった












a0240985_07012593.jpg
出来上がったペースト

小分け用の小さな瓶がなく
結構大きな瓶に












a0240985_07011963.jpg
プランターには新しい苗を

土も新しくしたから早く育って欲しいなー




[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-31 07:18 | 料理 | Comments(2)
仕覆モードに入らなくては
仕覆を作るのが貯まってきた。
朝から糸を準備して仕覆モードに突入。
まず緒を組みます。

この仕覆が出来たら牙蓋も削らないとね。
a0240985_08295257.jpg
糸の準備

頭が働かなくて糸数を間違えてしまった
本数チェックするの結構面倒

やっぱり頭はいつもハッキリしておかないといけませんね









[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-30 08:35 | 仕覆 | Comments(0)
茶入を預かった 仕覆と牙蓋の製作
陶芸の仲間から茶入を2つ預かった。
友人から頼まれたという。
仕覆と牙蓋の製作だ。

ひとつは黄瀬戸、蓋が無いので牙蓋も作る。
もうひとつは備前、元は振り出しとか。
牙蓋は付いているので仕覆だけだ。

そろそろ秋の夜長。
じっくりかかることにしましょう。

a0240985_06442768.jpg
黄瀬戸と備前の茶入

黄瀬戸は結構大きい口径
大きめの象牙がいりそう












a0240985_06473090.jpg
その前にこの仕覆を完成させねば

まだ緒が組めてない












[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-29 06:53 | 茶道 | Comments(0)
初めてのミキサー使用
日曜に作ったバジルペースト。
初めてのミキサー使用でした。

使った葉は170g、このくらいは入るかなと1回でやると、、、全然回らない。
入れ過ぎたみたい。
予定量のオリーブオイルを全部入れたら回るようになったけど、仕上がったペーストはかなり緩め。
でも、フードプロセッサーよりは舐めらかになりました。
最初としてはまずまずです。
全部瓶に詰めてあちこちおすそ分け。

北新地フレンチのオーナーシェフから
バジルとオリーブオイルだけで作り、使う時に色んなものを足すと応用範囲が広がるよ、
とアドバイスあり。
今度やってみます。

次はもっと量減らして手早くやるぞ。
a0240985_06422257.jpg
出来上がったらミキサーに満杯






















a0240985_06422942.jpg
瓶に詰めて














[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-28 06:55 | 料理 | Comments(0)
最大サイズのミズメ椀
大きな椀が欲しいということで、
手持ちのミズメ荒挽き材で出来るだけ大きな椀を轢く事にした。
w125mm h75mm 2個。

やっぱり大きいですね。
今までの椀がすっぽり入る。

どのくらい入るのかな?
水を入れて計ってみます。

a0240985_06483689.jpg
ミズメの大きな椀

右は普通サイズ














[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-27 06:54 | 木工 | Comments(0)
焼印が届いた
木椀の高台内に押す焼印が届いた。
今までの焼印は大きくて椀には使えない。
w:20mmの小さなものだ。

作ってもらったのは以前の焼印もお願いした小樽にあるお店。
焼印の値段、どのくらいか良くわからず何件か見積もりを取ったが、かなりの開きがあった。
倍以上かな。
ここは断トツの最安値。

注文は全てメール。
原稿を送ると修正案が返送されてくる。
承認すると製作となり1週間くらいで品物が届く。
結構早くて助かります。

a0240985_06532118.jpg
試しに押してみる

高台内が全く平らというわけでもなく
全部均等に押すのは結構難しい


fu は私の頭文字
+
cuillere は料理家平山由香さんの教室名だ









a0240985_06532763.jpg
届いた焼印
















a0240985_06532355.jpg
イベント用の椀
高台内を平らに削りなおして押してみる













[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-26 07:09 | 木工 | Comments(0)
高取 文琳茶入の替え仕覆
仕覆がひとつ出来ました。

最近、家で朝晩、チューブを使っての腕と肩の筋トレしてます。
かるーくですけどね。
それでも、これをやった後は、少し指先が震えたりして針仕事のような細かな作業はやる気にならない。
で、仕覆の仕上げがいくつか貯まってます。

でも、そろそろ仕上げ時期、まず、高取の茶入を仕上げました。

a0240985_05393967.jpg
タイシルクの仕覆です














a0240985_05394657.jpg
中身はこれ

高取、文琳茶入












[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-25 05:50 | 仕覆 | Comments(0)
9月からの滴翠美術館仕覆教室は定員オーバーに
昨年から始まった滴翠美術館の仕覆教室。
8月で2回目が終わり9月からは3回目に入ります。
このクラス、早くから満席になってたのですが、一人来れなくなって追加受付をこのブログで発表すると、
すぐに入りたいとメール頂きました。
しかも友人と2人で。
定員オーバーなので考えたのですが来て頂くことにして7人でするつもりでいたら、、、
昨日急にもう一人入れないかということになりました。
滴翠陶芸教室の会員さんだそうです。

8人、目の回る忙しさになりそうだけど、やっちゃいます。
「是非入れて欲しい」と言って頂けるのは嬉しいですもんね。
もうすぐ9月、楽しみです。


こちら今製作中の仕覆
a0240985_06180975.jpg
緒の組紐中






















a0240985_06180531.jpg
この仕覆に付きます














[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-24 06:20 | 仕覆 | Comments(0)
南米スリナムからのメール
又、変なメールが来た。
これで2回目。
----------------
ハロー先生私はスネークウッド社とバイヤーを探しています私はGoogleで見つけましたあなたが興味を持っている場合は私に知らせてください
--------------
発信者は  The Snakewood King
前回調べたところ南米スリナムから送られたようだ。
どうやら、ここではスネークウッドが植林されているらしい。

写真を見ると綺麗な木目、きっと一級品のスネークウッドなんでしょうね。

全く割れが無いの欲しいなー。


a0240985_06341598.jpg




































a0240985_06341345.jpg




































a0240985_06341839.jpg






















[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-23 06:41 | 木工 | Comments(0)
チャックしにくい椀の固定
高台削り中、外れて完全に割れてしまったミズメ椀。

絶対外れない固定方法をOさんがfacebookで教えてくれた。

なるほど、これなら安心して削れそう。
固定に少し時間はかかるが失敗しての割れなはふせげるだろう。

同じような物を作ろうと木製チャックの改造にかかった。
まだ完成ではないけど、ビスで円盤を固定して見たら結構良い具合。
「よしよし、これなら大丈夫そう」
使えそうです。

a0240985_06212391.jpg
ビスでは心もとないので
台座には鬼目ナットを埋め込み
ボルトで固定することにする

Oさん、ヒントありがとうございます












[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-22 06:34 | 木工 | Comments(0)