<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
友人宅でバーベキュー
昨日は西神に住む友人宅でバーベキュー。
冬、栗の木を切ってくれたFさんのお宅です。

20数年前、仕事で使ってるCADソフトのコンベンションでアメリカに行った人たちとの再会。
私が行ったのは2回、集まった12人とはどちらかで一緒してました。
こうして再会するとやっぱり懐かしいです。

バーベキュー、
Sさんがコンロでローストビーフを焼く。
オーブン無くても出来るのですねー。
炭火でしっかり回りを焼いて、アルミホイールに包んでおくだけ。
簡単なのに美味しかった。
フライパンだけでも出来るそうなので今度家でもやってみよう。

初めは何も持って行かないつもりだったけど、それでは申し訳ないと、
前日作った土佐小夏のレアチーズケーキを持参、好評でした。

a0240985_06453733.jpg
庭でバーベキュー

















a0240985_06454236.jpg
ローストビーフ
焼き中


















a0240985_06454491.jpg
出来上がり



















a0240985_07250968.jpg
持って行ったケーキ












[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-30 07:10 | 料理 | Comments(0)
ケーキの箱
最近良く作ってるケーキ。
人にあげる時、何に入れて渡すかが問題だ。

ケーキ材料屋さんで見つけた紙箱はかっこ良くて最高、値段はそれほど高くなく150円くらいで良かったのだけど、5つ買ったの全部なくなってしまった。
やっぱり紙箱、戻ってはこないですね。
使い捨て感覚なのかな?

そこでプラスチック容器。
100均でこんなのを見つけた、2個で108円。
半分がピッタリ入るサイズだ。
紙箱より安いし、これなら戻って来る可能性も。

今日は懐かしい仲間とのバーベキューがある。
これに入れて持って行ってみるかな。

a0240985_07251299.jpg
プラスチック容器















a0240985_07250968.jpg
中身はこんなの














[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-29 07:41 | 料理 | Comments(0)
まり椀の蓋
まり椀の蓋、ほぼ完成です。
黒柿4個、ブラックチェリー2個、ヨーロピアンビーチ4個、3種混合。
鉢はミズメなので4種類の材ですね。

まとまりなくて、なんだか、良いのか悪いのか?

椀の製作からだと、もう1年以上かかってしまいましたが、
そろそろ終了です。

a0240985_10022106.jpg
椀と蓋



















a0240985_10022372.jpg
被せてみると



















a0240985_10042938.jpg
横から















[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-28 07:38 | 木工 | Comments(0)
クリ鉢の荒挽き
クリの生木、用意してた4個を荒削り。
これから乾燥です。

1週間ほど前に轢いた節ありの木はすでにヒビが。
これから先もっと大きな割れになるでしょうね。
やっぱり節が入ると問題だ。

丸太はまだ10個ある。
一つの丸太から4個の鉢が取れるので40個分。
全部同じような鉢にするならですが。

a0240985_07454639.jpg

乾燥中


















a0240985_07462132.jpg

節にはこんな割れが














[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-27 07:51 | 木工 | Comments(0)
デジタルクッキングスケール
デジタル計りが壊れた。
電池を入れ替えてもエラー表示されたまま。
どこが悪いのかもわからないけどもう駄目ですね。

計りは頻繁に使うし、一度デジタルに慣れると目盛りを読むアナログは戻れない。
急いでアマゾンで注文、翌日届いた。

今度の計りは優秀だ、2kgまで、詳細モードでは0.1gまで計れる。
前のは1kg、1g単位だった。
0.1gまで計れるのは大いにありがたい。
絹糸の量だった計れますもんね。

a0240985_07180604.jpg
タニタのデジタルクッキングスケール












[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-26 07:25 | 料理 | Comments(0)
篠山のアトリエ
日曜日、アメリカ人陶芸家 John Dixさんの新アトリエお披露目パーティが有った。
場所は篠山の大上。
彼がここに窯を築きはじめたのは阪神大震災の頃だった。
基礎になるベースのコンクリート打ちから煉瓦積みまで、よく手伝いに行っていた。
もう20年になるのですね。

その場所に新しいワークスペースを築きはじめたのは2年前か。
色んな人のサポートは有ったけど、古材を持ちこみ、自分で作り上げたのだから驚きだ。
まだ骨組みだけの時しか見て無かったが、昨日仕上がった建物を見て更に驚き。
とても素人が建てたとは思えない仕上がりです。
すばらしい。

昨日、集まった人は50人以上かな?
懐かしい人もいっぱいいて、楽しいパーティでした。
雨が降らなくてよかった。

a0240985_05430075.jpg
沢山の人で
日本語と英語が入り混じる
















a0240985_05431276.jpg
メインはジョンさんが焼いたミートローフ

初めて食べたけど
メキシコ風スパイシーで美味しかった











a0240985_05564961.jpg
お茶席もあったよ


















a0240985_05432503.jpg
新しい建物はこれ


















a0240985_05434280.jpg
1階内部



















a0240985_05435409.jpg
2階です



















a0240985_05435091.jpg

このスペース
なかなかですね














[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-25 06:01 | 陶芸 | Comments(0)
仕覆の写真が送られてきた
2月に終わった滴翠美術館の3回目仕覆教室、参加してくださったOさんからメールが来た。
3個目の仕覆が完成したとのことで写真も添付。

0さん、仕覆の製作は初めてでしたが、教室では2つ同時に進行しようとしてましたね。
さすがに同時に2つは難しかったようで、帰られてから宿題と2つ目を家で頑張られました。
なので、教室終了時にはほぼ2つが完成。
すぐに3つ目にかかられたのですね。

すごいなー、忘れないうちに次のにかかる。
これでどんどんうまくなりますよ。
是非次もかかってくださいね。

a0240985_07322232.jpg
Oさん作の仕覆

中身は棗と茶入です














[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-24 07:43 | 仕覆 | Comments(0)
栗材の荒削り
年末に切り出し、丸太で持ち帰っていた栗材、まだ手をつけづにビニール袋に入れたままのが沢山ある。
早く荒削りして乾燥させたいところだけど、出来ずにいた。
やっと1本を半分に割り鉢の大きさに切り出すと4個のブロックが取れた。
それを轢く。

もう5カ月くらい経ってるけどまだ割れはないようだ。
削ると水分を含んだ削り屑が飛びまくる。
周囲そこらじゅうがおが屑だらけ。
それも濡れたベタベタだから始末に悪い。
旋盤も栗のアクと水分で真っ黒に変色し、ツールレストの滑りも悪くなる。
終わるとエアーで全部吹っ飛ばしておかないと錆だらけになります。
服もドロドロ。
でも、やっておかないとね。

a0240985_05165011.jpg
やっと2個を荒挽き

どちらも節があって
この部分数日乾燥しただけでヒビが入る

下の2個にも出るのかな?











[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-23 05:30 | 木工 | Comments(0)
包丁の次はパン切りナイフを研ぐ
パン切り包丁にはギザギザがある。
これは研ぎにくいと思ってたけど挑戦。
手元に有ったダイヤモンドヤスリで研ぐことにした。

正解かどうかはわからないが一山づつヤスリをあてていく。
もともと良く切れてた包丁だけど、更に良くなったかな?
次切って見るのが楽しみ。

a0240985_08583855.jpg
パン切り包丁とダイヤモンドヤスリ
















a0240985_08584000.jpg
刃はこんなかんじ















[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-22 09:03 | 料理 | Comments(0)
包丁を研ぐ
久しぶりに包丁を研いだ。
前に研いだのは年末だったから4カ月ぶりか。
毎日使ってるわけではないので使用頻度は多くはないが、もう少しまめに研いだ方がいいのかな?

自分用の包丁は2本。
ミソノの210mm牛刀と関孫六ペティナイフ120mm。
どちらもモリブデン鋼ステンレスだけど牛刀の方が切れが良い。
メーカーが異なると材質が違うのでしょうね。
値段もだいぶ違ってたけどペティナイフは失敗でした。

そんなわけで、ほとんど牛刀ばかりを使ってしまう。
次は150mmくらいの良く切れる包丁が欲しい。
小遣いに余裕出来た時求めましょう。

a0240985_05431709.jpg会社の研ぎ場で

やっぱりしっかりした研石でないと研ぎにくいです

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-21 06:08 | 料理 | Comments(0)