グラスの銀継ぎ
「割れたので銀継ぎして」とグラスが送られてきた。
最初、Messengerで見た画像ではワイングラスのように見えたが、もっと大きな厚手のものだった。
硝子は陶器と違い継いだ部分が中まで見えるから透明の方が良いかなとエポキシ接着剤でつなぐ。
やってみると思った以上にうまくいった。

後は銀継ぎですが、まだ銀粉が届かない。
丸紛にしたが粒の大きさで16種類も有るのですね、びっくり。
かなり細い2号の銀粉、今日あたり来るかな?

a0240985_06390158.jpg
客の部分が割れている













a0240985_06390520.jpg
繋ぎました
ここまではバッチリです











[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-08-09 06:54 | その他 | Comments(0)
茶器の蓋
宗匠からたのまれてる茶器の蓋は黒柿と象牙のハイブリッドにする。
茶器は備前の印花、茶入として作られたものではなさそう。
何かの容器に蓋を付けて替え茶器にされるようだ。

70mm以上の大きな蓋、全部木でとも思ったが、
それもつまらないので中央に象牙を埋め込みツマミを作ることにした。

象牙の埋め込みは完了。
これから仕上の削りにかかります。
この茶器、仕覆はいらないでしょうね?

a0240985_06140088.jpg












[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-08-08 06:26 | 木工 | Comments(0)
美味しい桃を頂いた
Hさんから和歌山の美味しい桃を頂いた。
それも沢山。
桃を使った料理なんてやったことないけど、作ってみたくなりましたね。
で日曜は一日かけて、夜は桃づくし。

桃とモッツアレラチーズの生ハム巻き
ジェノベーゼパスタに桃を添えて
桃をトッピングしたムース

美味しかったです、Hさんありがとうございました。

a0240985_07201209.jpg















a0240985_07201472.jpg















a0240985_07200881.jpg













[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-08-07 07:29 | 料理 | Comments(0)
仕覆教室最終日
昨日は滴翠美術館の網袋教室、6回目の最終日でした。
毎月一回6ヶ月で完了のこの教室、もう3年になるんですねー。
初めての仕覆作りで最初はビクビクの生徒さん、でも完成すると笑顔です。
リピートされてる方はだんだん余裕が出てきて、次は何にかかろうかと楽しいでおられます。
いつまで続けられるかわからないけど、がんばります。

この日はお隣の陶芸教室からSさんがひょこっと。
7月ニューヨークで体験した陶芸を話してくださいました。
3週間滞在したそうです。

a0240985_06570195.jpg
Sさんのお話し













a0240985_06560132.jpg
完成した仕覆です














[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-08-06 07:12 | 仕覆 | Comments(0)
振出しの網袋用絹糸
振出し用の網袋糸、撚りと緒の準備完了。
今月は水泳の大会にはエントリーして無いから仕覆の方に専念ですかね。
あと、数個分の準備が残ってます。

さて、今日は仕覆教室の最終日。
皆さんの仕覆、バッチリ仕上がると良いのですが。
預かってる緒の始末など忘れ物無いようにしなくては。

a0240985_06263819.jpg
Mさんの振出しと糸












[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-08-05 06:33 | 仕覆 | Comments(0)
ミズメ椀、高台裏のカビ
椀にカビが。
ミズメの椀、高台の裏です。
ここは洗った後伏せて乾かすと水が溜まりやすいところ。
乾燥しないうちにカビてしまったのでしょうね。

この椀は山中温泉の椀木地を使ったもの。
北陸では他の地域と違い「縦取り」の木地が使われる。

この取り方では丁度底が木口になって水は浸み込みやすい。
私の椀は漆やウレタンの塗装をかけてないから浸み込みには弱いんです。
最大のウイークポイントだ。

カビは削り落としました。
この後どうするかは考慮中。

a0240985_07004949.jpg
カビで変色した高台裏













a0240985_07094793.jpg
削り落として












[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-08-04 07:12 | 木工 | Comments(0)
長かったトマトソースしゃもじ
トマトソースしゃもじをお渡ししたら、
「あら、長い」
「えー、うちのと同じ長さにしたんだけど」
出されたしゃもじは、35cm、ほんと短い。
作ったのは45cm、10cm長かった。

思い出しました。
試作したとき長さの違う2種類を作ってたんだ。
で、お渡ししたのが短い方。
長い方はうちで使ってた。
それを忘れたんですねー。

確かに家では、「この長いの邪魔」と言われてた。
柄は切れるから短くして同じ長さにした方が良さそうですね。

a0240985_06594792.jpg

[PR]
# by yoshihiko1520 | 2017-08-03 07:09 | 木工 | Comments(0)