タグ:フォーク ( 41 ) タグの人気記事
カトラリーの修理
折れたミニフォークが帰ってきた。
一緒に反った匙も。

修理して、っということだけど、柄が反ってしまった匙は取り替えでしょうね。

先が折れたミニフォークは少し先を短くしたら使えそう、でも、バランス悪いかな。
これも取り換えた方が良いのでしょうか。
作るときちょっと細くしすぎましたね。
次はもう少し太くします。

a0240985_06293131.jpg帰ってきた匙とミニフォーク


















a0240985_06293423.jpg交換用の匙、制作中

ちょっと多めに作っておきます














[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-08-12 06:37 | 木工 | Comments(0)
リボンを結ぶ
木のカトラリー、
プレゼントにどうかなと思ってリボン結んでみました。

結び方わからず、
You Tube 検索すると、ありますねー、色んな結び方があるんだ。

簡単なのをやってみたけど、結構難しい。
もうちょっと練習します。

a0240985_07362247.jpg
リボン結びの練習中














[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-11-03 07:44 | 木工 | Comments(0)
プティフォーク 完成
端材利用で作っていた栗とブラックチェリーのプティフォーク、出来上がりました。

両方合わせて100本以上。
これだけ有ればしばらく作らなくて良いでしょう。
箱に入れてストックです。

a0240985_06543757.jpg
一束10本

白っぽいのが栗

赤みのあるのがブラックチェリー










[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-10-16 06:59 | 木工 | Comments(0)
プティフォークを作る
手持ちのプティフォークがほとんど無くなってしまった。

手元に有ると、ちょこと人にあげたりできて便利なんです。

イベントで使われたりすることもあるので、少し多めに作っておくことにした。

小さいといってもやっぱりフォーク、作るのはそこそこ時間がかかる。
早くて綺麗に出来るよう、製作過程を見直した。
時間はだいぶ短縮できましたね。

a0240985_06342554.jpg

栗のプティフォーク
















a0240985_06343685.jpg

まだ厚いブロックの間に有る程度形を整えます
















a0240985_06343217.jpg

薄く割ってこれからが磨きの本番

栗材です














a0240985_06344466.jpg
荒い磨きはベルトサンダーで


その後はフラップペーパーで仕上まで磨きます














a0240985_06343370.jpg

桜のプティフォーク

これはほぼ出来上がり


















[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-10-05 07:00 | 木工 | Comments(0)
ミニフォークを作ってます
今週末のイベントに使うミニフォークを製作中。
材料は丁度良いサイズが見つかったアメリカンチエリー。

マーキングしてみると7.80本撮れそうだけど、取敢えず必要な15本くらいを先に作る。

いつもは1度浸透性塗料をかけてますが、今回は乾燥時間が取れないので無し。
オイルのみで仕上げます。


a0240985_06202287.jpg


製作中のミニフォーク
















[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-06-11 06:23 | 木工 | Comments(0)
シャム柘植の原木を入手
シャム柘植はスプーンなどカトラリーに使うと抜群の滑らかさで最高。
ちょっと高いですけどね。

手持ち材が無くなったのでダイキンさんへ仕入れにいく。
夙川からなら丁度1時間くらです。

目的のシャム柘植は在庫も少なてあまり選べなかったけど3本購入。
これで当分しのぎます。


a0240985_06580573.jpg
右:シャム柘植

左上:イエローハート
ミカン科の材でスプーンに使えるかもと

アマレロと同種と聞いてたが
置いてあったアマレロの方がきめ細かだった
でも、小さい木しかなく値もはってたのでこちらに

左下:欅
これは船坂の木材店で見つけた端材
椀に轢いてみるつもり














[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-03-03 07:13 | 木工 | Comments(0)
新しいルータービットの使い心地は
昨年手に入れていた38mm半円のルータービット、先日やっと初使用。

レンゲのボウル部分に使ってみたら丁度良いサイズでした。

今までは20mmや30mmで荒く掘り、40mmのサジ面改造のビットに取り替えてさらえていたが、これなら取り替え無しでいけます。
けれど、径が大きくなったのでビビりも多く少しづつ慎重に削らないと怖いですね。
しっかりしたフライス盤ならもっと綺麗に削れそうだけどボール盤とスライドバイスの利用ですから我慢我慢。

a0240985_7435257.jpg
レンゲのボウル部を削る

ビット径が丁度合っていて綺麗に削れる
後の処理が楽です


a0240985_7435470.jpg
削りあがったところ


a0240985_801678.jpg
今回のシャム柘植は節も出ず綺麗

芯の黒い部分もうまく外せました
[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-02-03 07:57 | 木工 | Comments(0)
残りわずかなシャム柘植原木
シャム柘植は硬く滑らかで、これで作ったカトラリーは別格だ。

あまり流通してないし本柘植ほどではないが高価だし、太い原木は更に高くなる。
手ごろな直径10cmくらいの木を使っているが(それでも高価)木取りには気を使う。
中央、芯の部分に焦げ茶の筋があり、これを外さないと綺麗でないからだ。

a0240985_7362787.jpg
手持ちの材料はこれだけになってしまった

追加で仕入れたいけど良い材料が見つからない
それに資金も乏しいし


a0240985_7362348.jpg
芯部分で半分に割って使うことにした
今回はレンゲとフォークを少し取る

残りわずか
大事に使わないとね
[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-01-31 07:50 | 木工 | Comments(0)
ミニフォークとシャム柘植のレンゲ
ブラックチェリーのプティフォークとシャム柘植のレンゲを作ってます。

a0240985_835884.jpg
出来上がったプティフォーク
今週のあるイベント用

左は以前作ったもの
右は今回の製作

ブラックチェリーは日が経つと茶色が濃くなりますね


a0240985_84214.jpg
シャム柘植の木取り

細い材なのでうまく取るのに苦労します


a0240985_84827.jpg
何とか20個分くらいを確保

でも、小さな節や芯部分の色変りがあるので
実際使えるのはもっと少なくなりそう
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-11-23 08:11 | 木工 | Comments(0)
黒檀のミニフォーク
黒いミニフォークを作ってみようと黒檀の端材を探し出した。

確か知り合いの骨董屋から譲り受けた古い床柱だったと思う。
表は綺麗でも切ってみると割れがいっぱいありあまり使い物にはならなかった。

この端材が結構あるので使ってみようというわけで、ミニフォークに切り分ける。

仕上げにかかると、今まで使っていた桜や栗とはちょっと違う。
すごく滑らかな木なので横擦りのペーパー後や傷が目立つのだ。
桜や栗はラフな仕上げで通したが、黒檀ではこれが通用しない。
ものすごい手抜きに見えてしまう。
やっぱり高級材、きっちり丁寧に磨くのが合っているのだろう。

もっと気を入れて磨き直しだ。

a0240985_615659.jpg
中央が黒檀の端材

裏返すとこれもいっぱい割れがある


a0240985_614118.jpg
ミニフォークに切り出す


a0240985_6142457.jpg
テストに磨いてみたもの
オイルを拭くと傷が良く目だつ

荒いペーパー跡、取らないといけないですね


a0240985_61419100.jpg
再度磨いてみたけどまだバッチリとはいえない

もう一度磨きなおしだ
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-06-11 06:33 | 木工 | Comments(0)