タグ:料理 ( 59 ) タグの人気記事
折れた木ベラ
だいぶ前から使ってるヘラが折れた。
私はケーキ用にしか使わないけど、家内は豆腐など並べる時良く使っていたようだ。

細すぎたのでしょうね、これ、前にも柄が折れた。
折れたところを糸で巻き使ってたけど、今回折れたところはその隣。

今度はもっと広い範囲をグルグル巻きにして瞬間接着剤を染み込ませた。
これで又当分使えます。

a0240985_06120875.jpg
折れた杖















a0240985_06121150.jpg
糸を巻いて固定















a0240985_06121344.jpg
巻いた部分

瞬間接着剤が固まったらペーパーで磨きます










[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-05-13 06:19 | 木工 | Comments(0)
お椀の蓋を黒柿で
前に作っていたまり椀が10個。
これに蓋をつけることになってましたが、かたちが決まりました。
丸い蓋です。
椀と同じミズメは手に入らないので、何種かの材で削ります。
ブナ、サクラ、使えそうなのを探していたら、黒柿が見つかりました。
ちょっと贅沢かな?
でも他に使うあてもないので使ってみよう。
黒い部分が入るのは1,2個しか取れそうにないですが。

a0240985_07303579.jpg
どう取るか?

長考です















a0240985_07305051.jpg
こんな蓋になります

材はブナ














[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-12 07:40 | 木工 | Comments(0)
六甲アイランドでの仕覆の集まり
日曜日も仕覆の集まり。
六甲アイランドのOさん宅です。

いつものように会話を楽しみながら仕覆をつくります。
でも、今回はもっと気楽に。

Sさんの個展が最終日なので早めに終えて行くことになりました。
その前に持参のケーキでお茶。
皆さん喜んでくださいました。

a0240985_07211998.jpg
皆さんお好きなポジションで

















a0240985_07215123.jpg
このケーキも
なんとかできるようになりました

お茶です











[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-11 07:31 | 仕覆 | Comments(0)
ケーキスタンドの組立
このケーキスタンドは分解式。
柱も高さの違う2本をセットしてます。

ちょっと手直ししたいところがあるけど、磨いてもう一度塗装して完成です。

今6個、あと数個は追加で作りたい。
材質も変えるつもりです。

a0240985_07043339.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-03-19 07:09 | 木工 | Comments(0)
滴翠美術館の仕覆教室4日目
昨日は滴翠美術館の第3回仕覆教室、4日目。

先に皆さんとランチしてから始めようということで11時集合です。
場所は芦屋のスパッツィオ・イノさん。
ほんとは11:30開店ですが、ご無理お願いして11時にしていただきました。

我々は9名、大きな一枚板のテーブルにゆったり座らせて頂きます。
このテーブルに座るのは初めて、やっぱり自然木のテーブルは良いですね。

すぐに他の席も埋まり、満員状態。
さすが流行ってます。

美味しい食事を頂き、皆さん和やかになった後、滴翠美術館に移り仕覆教室の始まりです。
縫い上がった裏地のアイロンをかけ、裏と合わせて綿を入れます。
茶入を入れて口を閉じて終了の予定でしたが、少し時間が足りずこれは宿題。
ここまでくると仕覆らしくなり、次が楽しみです。

1月はいよいよ緒の取付けです。
もうちょっとですね。

出来上がりが見えてくると、「打ち上げはどこで」なんて話も出て、又食事会になる可能性も。
これも楽しいです。

a0240985_07325724.jpg
スパッツィオ・イノさん

食事会のはじまりです





















a0240985_07333614.jpg
料理はこんな感じ

















a0240985_07333934.jpg


















a0240985_07334146.jpg


















a0240985_07334494.jpg


















a0240985_07335074.jpg
滴翠美術館
いつもの部屋で

仕覆にかかります








[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-12-12 07:50 | 仕覆 | Comments(0)
仕覆の集まり
同じ宗匠にお茶を習ってる人たちでやっている仕覆製作、昨日は今年初めての集まりでした。
もう数年になりますね。

皆さん豊かな感性をお持ちで、既成概念にあまりとらわれず自分の仕覆を作り上げていく。
気の合うメンバーで会話も楽しく、良いグループに入れてもらったなー、と思います。

だけど昨日は、忘れ物や同じミスが多かった。
私も眼鏡を忘れて良く見えなかったです。
皆さん、正月疲れですかね?

a0240985_751376.jpg
真剣に仕覆製作中


a0240985_751418.jpg
ここでお赤飯を頂いた

先日、平山由香さんのfacebookページでお赤飯の写真が出てた
すごく美味しそうで思わず書き込み
すると、得意料理を2つ当てたら赤飯プレゼントだって
一生懸命考えて書き込むと、大当たり
で、これがご褒美です
更に嬉しいとことに、親父も食べれるよう柔らかく仕上げてくださった

帰ると丁度夕食前、早速親父に出すとパクパク完食
柔らかいといってもお粥よりはズーと硬いのに美味しいものは食べるんですね

103までは30日を切った
前祝いです
いやー、平山さん、ありがとうございました

この写真、つまみ食いと親父の分を取った後だったので
空いた所を穴埋め、なので頂いたのより随分減ってます
[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-01-13 07:44 | 仕覆 | Comments(0)
John Dixさんが小屋を建てている
陶芸家のJohn DIxさん、篠山の工房に小屋を建てていると聞いていた。

アルミサッシが必要ということで行ってみると、随分大きい。
りっぱな家だ。
こんなのを自分で作るなんてアメリカ人はすごい。
陶芸家じゃなくてカーペンターだね。

がんばれー。

a0240985_7233790.jpg
2階建てのりっぱな小屋

古材を利用してガッチリ出来ている

1階は教室などに使うそうな
2階は何に使うのでしょうか?


a0240985_7234647.jpg
行ったのは先週金曜日

まわりに雪が残っていた

さすがに篠山は寒いわ


a0240985_7244385.jpg
「シロちゃんの郡家ピザ」にも寄った

今は昼のみの営業だけど来年からは夜もやるそうだ
厨房ではシェフが料理の試作中だったね
どんなメニューが並ぶのでしょうか?

写真はピザを焼くシローさん


a0240985_724466.jpg
焼き上がったピッザ

実は前夜、滴翠仕覆教室の打ち上げで芦屋のピザ屋さんへ
たっぷり濃厚なのを食べたのであっさりなのを注文
写真は撮り忘れました

これはJohnさんへの差し入れだー
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-12-21 07:47 | 陶芸 | Comments(0)
鳥のトマト煮込み
昨夜は久しぶりに鳥とひよこ豆のトマト煮込み。

今回はニンジンも入れた。

小分けして冷凍、保存食やね。

a0240985_7335281.jpg
鍋いっぱいになった

そんなに手間かかってないけど美味しい
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-11-06 07:38 | 料理 | Comments(0)
連休2日目
2日目もいつものように外出禁止状態。

先日から用意にかかってる網袋、糸も全部撚れて編みにかかった。
けど、ちょっと進んだところでストップ。
待ち針が不足、これ以上進めません。

やることが無くなってケークサレを焼くことに。
丁度スパークリングが1本ある。
これでチビチビ、昼から良い気分です。

a0240985_8241889.jpg
台も筒も新しく今回の使用が初めて
使いにくいところに手を入れながら始めたけど、、、
ピン不足で中断です


a0240985_8242534.jpg
焼き上がったケークサレ


a0240985_8242992.jpg
今回は昆布とキドニービーンズ
昆布水を取ったあとのダシガラ昆布を刻んで入れたら良い具合に
使い道が一つ増えたね
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-05-05 08:33 | 仕覆 | Comments(0)
ヘラに焼印を押した
料理用のヘラ、焼印を押して完成です。

柄の部分、焼印を押すところは少し丸みを抑えて平らになるよう削っておいた。
でもカーブはあるから、グッと押しただけでは周囲が欠けてしまう。

コテを倒して回しながら押すのだけどズレそうで、、、
慎重に、慎重に。

25本は綺麗に押せて失敗は3本。
これは再度削って押し直し。

曲面への焼印押し、随分うまくなりました。
もうちょっと練習すると球面にも押せるかな?


a0240985_7271153.jpg
出来上がったヘラ
[PR]
by yoshihiko1520 | 2014-04-09 07:37 | 木工 | Comments(0)