タグ:木工旋盤 ( 519 ) タグの人気記事
神代杉の茶筅筒
神代杉の残り材で茶筅筒を削ろうとしてたら、割れた。
やっぱり神代杉は柔らかい、磨くとき、ちょっと力を入れただけなんだけど。
あんまり薄くは出来ないですね。
取敢えず木工ボンドでくっつけて、一応仕上げてみます。

a0240985_07373163.jpg













a0240985_07374814.jpg














[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-12-14 07:42 | 木工 | Comments(0)
黒檀の香合
茶事で貰った(預かった?)黒檀がフレームの衝立。
この脚の一部を香合に削った。
今回も塗装はガラス塗料。
あと何回か塗ってみます。
渡したらOさん喜ぶかなー?

a0240985_06501423.jpg













a0240985_06501856.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-12-09 06:57 | 木工 | Comments(0)
デミダスの再塗装
木のデミダス、ガラスコーティング塗料で再塗装。
このデミダス、3種類の木を使ってました。
栗、樫、とワイトアッシュ(たぶん)。
使われた後の綺麗さではホワイトアッシュが一番。
栗と樫はまだらに汚れが浸み込むようで、ちょっと綺麗じゃない。

今回の塗装はガラス塗料。
何回も塗りこみました。
特に内側の底は浸み込むように。
でも、ガラス塗料の良し悪しはまだわからない。
使われていって効果があるなら成功ですが。

a0240985_07112266.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-11-23 07:21 | 木工 | Comments(0)
ミズメ椀、高台裏のカビ
椀にカビが。
ミズメの椀、高台の裏です。
ここは洗った後伏せて乾かすと水が溜まりやすいところ。
乾燥しないうちにカビてしまったのでしょうね。

この椀は山中温泉の椀木地を使ったもの。
北陸では他の地域と違い「縦取り」の木地が使われる。

この取り方では丁度底が木口になって水は浸み込みやすい。
私の椀は漆やウレタンの塗装をかけてないから浸み込みには弱いんです。
最大のウイークポイントだ。

カビは削り落としました。
この後どうするかは考慮中。

a0240985_07004949.jpg
カビで変色した高台裏













a0240985_07094793.jpg
削り落として












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-04 07:12 | 木工 | Comments(0)
網袋の用意
今週土曜日は滴翠美術館の網袋教室。
皆さん制作意欲旺盛で次の網袋にかかりたいと糸と筒の要望がたくさん届いてます。
ほぼ出来上がったのでチェックしてみると、50mmの筒が1個不足だ。
作らんといかんですね。

a0240985_06062093.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-07-19 06:13 | 仕覆 | Comments(0)
屋久杉の茶筅筒
だいぶまえ、屋久島のお土産と屋久杉の木っ端を貰った。
10cm角強の小さな端材。
何に使うかあても無く、そのまま置いてあったが茶筅筒にすることにした。
切り出してみると3個取れる。
たが、1個は大きなヒビがあり割れました。

この材、柾目部分が多く屋久杉らしい複雑な杢目ではないのが残念。
屋久杉って1000年以上の木を言うらしいが、これはもっと若い木なのかも。

この茶筅作り、思った以上に失敗する。
腰の部分を絞り込んでカッコよく、とやりすぎて薄くなり透けてしまうのだ。
薄すぎてサンディングの時割れてしまった神代杉も。
簡単なかたちで大して難しくないと思ってたのにショックです。

a0240985_07480416.jpg
屋久杉の木っ端













a0240985_07463086.jpg
削りました

左は神代杉










[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-07-12 08:01 | 木工 | Comments(0)
神代杉の茶筅筒
少しだけ残ってた神代杉、茶筅筒に削ってみましたが、みごとに失敗。
内部にペーパーをかけるときちょっと力を入れたら割れてしまった。
すごく柔らかいから「注意しなくっちゃ」と思ってたのに駄目ですね。
外を削る前に中を仕上げて磨いておくべきでしたね。

未練たらしく、割れたのを繋いでみたら、
なんだかこれはこれで良いのでは、、、と思ってしまう。
仕上げてみることにします。

a0240985_07271720.jpg
割れた茶筅筒

















a0240985_07271335.jpg
繋いでみました
穴の部分は破片なし















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-07-07 07:38 | 木工 | Comments(0)
3つの栗鉢
栗の鉢が3つ必要。
でも、材料が無い。
置いてた端材を探し3個取れるかと切り出した。
削りにかかると、
思ってたよりヒビが深く、大きさが確保できない。
1個はなんとかいけたけど、残り2個はかなり小さくなりそう。
残念ですがだめですね。

a0240985_07133793.jpg
左下はなんとか

あとはかなり小さくなりそう










[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-28 07:20 | 木工 | Comments(0)
網袋、底用の筒
網袋の底を編むとき、中空の筒がいる。
今まで高台の径が大きくても35mmくらいの筒1本でやってきた。
けど、出来たら高台径と同じくらいの筒の方が編みやすいようだ。
教室で使用する筒が少し足りないので、ちょっと太い筒も用意してみた。
適当な紙筒が無いので水道用塩ビパイプです。

a0240985_06075810.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-21 06:14 | 仕覆 | Comments(0)
糸巻きは完成
水道管用の塩ビパイプを利用した糸巻きの管が完成した。
全部で35個くらい。

このくらいの数を作るとき、いつも思うのだけど、
作り方に慣れて要領よく作れるようになったころ終了となるんですよね。
一つ作るのに要する時間も最初と最後ではだいぶ違う。
次は最初からうまく作れるはず。
けど、又作るのはいつのことか。

a0240985_06262433.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-10 06:34 | 仕覆 | Comments(0)