タグ:木工旋盤 ( 507 ) タグの人気記事
スゲ蓋の芯
振り出しの菅蓋、芯を削りました。
材は桐、これなら柔らかくてペーパーで落とせるので太さの調整も簡単。
もうすぐ連休なので、その間に仕上げましょうかね。

昨日、滴翠美術館からメールが。
5月から始まる網袋教室、4名の申し込みがあり定員に達したそうです。
それまで、2名だけだったので今回は定員割れかなと思ってましたが、
これで、仕覆と網袋、どちらも教室を始めて以来、ずーっと満席。
嬉しいですね。
がんばろー。

a0240985_07183863.jpg
右3つは陶芸仲間から芯だけ頼まれてたもの

左2つは自分のです














a0240985_07184701.jpg
芯の裏

1個割れてしまったけど接着して使います












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-26 07:24 | 木工 | Comments(0)
茶筅筒はなかなか進まない
茶筅筒の制作、停滞です。
なんかバタバタしてて旋盤に向かえません。
週に1個くらいしか進んでない、もうちょっと作らんといかんですね。

a0240985_06231734.jpg
やっと出来た栗の茶筅筒(右)

スマートフォン(zenfone3)で撮ってみたけど
パースペクティブが強くて難しい
写りは悪くないんですけどね












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-14 06:29 | 木工 | Comments(0)
割れた茶筅筒
花梨の茶筅筒、製作中に割ってしまいました。
サンドペーパーを張り付けた棒で内部を磨いていたら、ちょっとブレて当たってしまい、ガシャ!
結構簡単に割れるものです。
薄すぎたのかな?
注意せんとあきませんね。

茶筅筒のけずり、少しづつですが進んでます。

a0240985_06533526.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-04 06:59 | 木工 | Comments(0)
クリとサッチーネ
昨日の茶筅筒作り、
クリとサッチーネの2本でした。

栗は木が柔らかく(杉や檜など針葉樹ほどは柔らかくないですが)ペーパーだけでは綺麗に仕上がりませんね。
やっぱり浸透性塗料の併用は必要です。

ぼちぼちですが、これで目標の半分くらいは削れましたかね。

a0240985_07480637.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-25 07:52 | 木工 | Comments(0)
茶筅筒は少しづつ
茶筅筒の削り、少しづつ進んでます。
昨日は花梨、寄木、サッチーネの3つ。
塗装はもう少しまとまってからします。
かたちも決まり順調です。

a0240985_08372242.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-24 08:40 | 木工 | Comments(0)
お椀のシミ
北新地の弘屋さんで使ってもらってる、白木のお椀、内部にシミが出てきたと1個帰ってきた。
見ると、確かに底がまだら模様に。
落とすのにペーパーを当ててみると、、、消えました。
それほど中までは浸み込んでないみたい。
全部ではないということで、もしかしたら、底の削りにムラがあったのかもしれませんね。

で、修理は、
ムラをペーパーで完全に落として、
しっかり目止めの塗料を浸み込ますことにします。

a0240985_10290773.jpg
底のムラ

















a0240985_10290700.jpg
ペーパーで磨いて
















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-19 10:38 | 木工 | Comments(0)
3個目の茶筅筒はサッチーネ
続いて3個目の茶筅筒を削る。
材はサッチーネ(ブラッドウッド)南米産の赤が美しい木です。
かたちは少し変えて下をなだらかなカーブにしました。
私の茶筅筒「バットみたい」と言われるけど、この茶筅のを入れるならそう成らざるを得ないですよね。
他のかたちはイメージ湧かないし、木を薄く削れない。

さて、今日は滴翠美術館での網袋教室3日目です。
がんばろう。
茶筅筒も持っていってみますね。

a0240985_07345769.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-17 07:43 | 木工 | Comments(0)
2個目の茶筅筒は黒檀
黒檀の茶筅筒を削りました。

黒檀は比重1、水に沈む重い木です。
十分薄く削り込こんで軽くします。
出来上がったのを計ってみると32g。
1作目のブナとうウォールナットは35gだったので、それより軽くなりましたね。
まずまず。

次は赤い木、サッチーネあたりを削ってみます。

a0240985_07154159.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-16 07:22 | 木工 | Comments(0)
武者小路千家流天目茶筅
茶筅筒の制作に使う茶筅を預かってきました。
武者小路千家流(官休庵)には天目茶碗に使う茶筅があります。
細身でちょっと小型の茶筅。
普段あまりお目にかかれない茶筅ですが他の流派にも有るのでしょうか?
これを少し短くして茶箱に入れる茶筅に流用します。

さー、茶筅筒にかかります。
a0240985_07152441.jpg
官休庵
天目用茶筅















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-08 07:25 | 木工 | Comments(0)
大棗 完成
黒柿の杵から作る棗、3個目が完成。
大棗です。
重さは80g、今回はわりとすんなり出来ましたね。
続けて3個目なので慣れてきたのかな?
あと1個で完了だけど茶筅筒にかかりたいので棗はしばらく休憩です。

a0240985_07354175.jpg
高台部分
チャックに付けたままギリギリまで削ります














a0240985_07354454.jpg
切り離して底の削り

キヤッチ防止にテールストックを忘れずに














a0240985_07354888.jpg
テールストックを外して
高台部分の仕上げ
















a0240985_07353092.jpg
左:大棗
w81mm h82mm

右は前作の小棗











[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-07 07:46 | 木工 | Comments(0)