タグ:椀 ( 17 ) タグの人気記事
きょうの料理ビギナーズにお椀が
NHKテキスト、きょうの料理ビギナーズに平山由香さんの記事が載ってます。
東京で行われたイベントの取材など味噌汁に関してですが、そこに私が削った白木の椀が遺書に。

平山さん、このミズメの椀を愛用してくださってて、facebookには頻繁に。
イベントの時にも持参されてるようで、記事がのると一緒に写りますね。
今月はレタスクラブにも載ってたし人気抜群、露出度が多いのは嬉しいことです。

もっともっと、いっぱい出て欲しいなー。

a0240985_06331574.jpg
表紙















a0240985_06331949.jpg
2ページで
















a0240985_06332373.jpg

















a0240985_06332730.jpg

[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-08-23 07:09 | 木工 | Comments(0)
栃のお椀 削り完了
栃の椀木地8個、削りを完了して最後の仕上げです。

浸透性プレポリマーで内部を強化して水分の浸み込みを低減します。
仕上げはウオールナットオイルの塗布のみ。

表面に塗膜が無いので白木の表情が生きます。
明るいお椀は、きっと、お味噌汁を引立ててくれるはず。

出来上がりまで、もうちょっとですね。

a0240985_07122291.jpg

窓際で乾燥中















[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-06-05 07:34 | 木工 | Comments(0)
最後の椀木地
遂に最後です。
少しだけ残していた栃の椀木地、仕上げることにしました。
8個。

石川県の木地屋さんから仕入れてたのですが、
県外の方には出荷出来ない、と断られたので追加の仕入れはできません。
別の木地屋さんが見つかるまで椀は轢けない。
どこか木地屋さんありませんかねー。
ミズメ(ハンサ)が欲しいのですけどねー。

a0240985_07255207.jpg
栃椀制作中



















a0240985_07255730.jpg
こんな木地からです















[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-05-31 07:35 | 木工 | Comments(0)
蓋つきまり椀の納品
北新地の弘屋さん、
美味しい料理とワインで評判のお店です。

ここに木のお椀を納品しました。
通称まり椀、これに丸い蓋をつけて。
あまり見かけないかたちのお椀です。

ふつう、味噌汁や汁ものを入れる器ですが、そこは弘屋さん、
きっと、あっと驚く美味しいものが入るのでしょうね。
使われるようになったら行ってみたいものです。

a0240985_06151720.jpg
蓋付きの碗

黒柿の蓋もあります













[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-05-19 06:24 | 木工 | Comments(0)
12日のイベント
12日は芦屋スパッツィオ・イノさんで料理家平山由香さんと井上シェフのコラボイベントでした。

味噌汁とイタリアンの取り合わせ、なんだかミスマッチングみたいでしたが、、、
始まってみると違和感無い、何ででしょう?

味噌汁のワークショップは以前芦屋で経験、
普段、味噌汁を食さない私なのに、あのアバンギャルドには惚れ込んでしまいます、旨い。

イノさんの料理も何度か行って、毎回美味しく楽しませてもらってますが、
今回はインゲンのジェノベーゼが特に気にいりました。

この後のマルシェは、
四国や丹波の野菜生産者たちが持ち込んだ新鮮な野菜がずらりと積み上げられていたのに、
2時を待たずに随分売れてしまいました。
あわててインゲンをget。

帰ってから家で作ると、家内も喜んでくれました。
まだ一袋ある、今日も作ります。

a0240985_06022301.jpg
井上シェフと平山由香さん

気が合うのでしょうね












a0240985_06033922.jpg
味噌汁のワークショップには

栗の椀や箸置き(カトラリーレスト)が使われた












a0240985_06022743.jpg
ランチのメイン

パスタにトリュフを削りかける井上シェフ
真剣です











a0240985_06295991.jpg
マルシェ準備中

ずらり新鮮な野菜や果物が

でも、あっと言う間に少なくなりました










a0240985_06041406.jpg
cuillereからは
ミズメの碗と栗のレードルを出品

一人で6つの碗をお求め頂いた方も
ありがとうございます










[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-09-13 06:28 | 料理 | Comments(0)
今日は芦屋でイベントです
今日は芦屋でイベント。
最初、平山由香さんお味噌汁のワークショップ。
次は、イノさんの美味しいランチ。
そして、野菜生産者さんのプチマルシェ。
一日盛り沢山のイベントです。

2時からのマルシェは一般開放。
cuillereのレードルと椀を出品、私は店番しております。
特上の野菜がいっぱい、興味ある方、来てくださいね。


a0240985_05480354.jpg





























[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-09-12 05:55 | 料理 | Comments(0)
最大サイズのミズメ椀
大きな椀が欲しいということで、
手持ちのミズメ荒挽き材で出来るだけ大きな椀を轢く事にした。
w125mm h75mm 2個。

やっぱり大きいですね。
今までの椀がすっぽり入る。

どのくらい入るのかな?
水を入れて計ってみます。

a0240985_06483689.jpg
ミズメの大きな椀

右は普通サイズ














[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-27 06:54 | 木工 | Comments(0)
焼印が届いた
木椀の高台内に押す焼印が届いた。
今までの焼印は大きくて椀には使えない。
w:20mmの小さなものだ。

作ってもらったのは以前の焼印もお願いした小樽にあるお店。
焼印の値段、どのくらいか良くわからず何件か見積もりを取ったが、かなりの開きがあった。
倍以上かな。
ここは断トツの最安値。

注文は全てメール。
原稿を送ると修正案が返送されてくる。
承認すると製作となり1週間くらいで品物が届く。
結構早くて助かります。

a0240985_06532118.jpg
試しに押してみる

高台内が全く平らというわけでもなく
全部均等に押すのは結構難しい


fu は私の頭文字
+
cuillere は料理家平山由香さんの教室名だ









a0240985_06532763.jpg
届いた焼印
















a0240985_06532355.jpg
イベント用の椀
高台内を平らに削りなおして押してみる













[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-26 07:09 | 木工 | Comments(0)
チャックしにくい椀の固定
高台削り中、外れて完全に割れてしまったミズメ椀。

絶対外れない固定方法をOさんがfacebookで教えてくれた。

なるほど、これなら安心して削れそう。
固定に少し時間はかかるが失敗しての割れなはふせげるだろう。

同じような物を作ろうと木製チャックの改造にかかった。
まだ完成ではないけど、ビスで円盤を固定して見たら結構良い具合。
「よしよし、これなら大丈夫そう」
使えそうです。

a0240985_06212391.jpg
ビスでは心もとないので
台座には鬼目ナットを埋め込み
ボルトで固定することにする

Oさん、ヒントありがとうございます












[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-22 06:34 | 木工 | Comments(0)
使いこまれたミズメの椀
料理家平山由香さんが毎朝の味噌汁の使っていたミズメ椀が戻ってきた。
修理ではなくて、今作っている椀の型サンプル。

チェックしてみたが荒れたところはほとんど無い。
この椀の使い始めは多分今年3月くらい。
ほとんど塗膜の無い白木地の椀。
それから毎日のように使われてきててこの状態なら極めて優秀と云って良いだろう。
やっぱりミズメ材は最高だ。
なかなか手に入らなくて今後作れないのが残念ですね。

a0240985_05560898.jpg
艶は無くなってきているが荒れはない















a0240985_05561185.jpg
当時の高台はこんな削り

これでは焼印が押せないので平らに削りなおします














[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-08-21 06:11 | 木工 | Comments(0)