タグ:組紐 ( 229 ) タグの人気記事
急ぎの仕覆 2
急ぎの仕覆は表を縫い終え綿入れも完了。
裂をなじませるためしばらく寝かせる。
次は緒の準備です。

a0240985_7143189.jpg
茶入を入れ口を閉じた仕覆と絹糸

緒の色は茶入の赤と同色が良いと考えている
ちょうど表地の星の色も同じ色

手持ち糸を探したらこの色が一番近そう
新たに染めても近い色に持ちこめる自信は無い
やっぱりこれかな、、
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-20 07:22 | 仕覆 | Comments(0)
仕覆の仕掛かり品は3つ
今、作りかけ途中の仕覆は3つ、どれも棗の仕覆で口を縛って裂を馴染ませている段階。

a0240985_715318.jpg
お休み中の仕覆3つ

右のはもう随分前からこの状態
いつでも緒を付け完成に持ちこめるのだけど
緒の色がに迷いがありそのままになっていた


a0240985_7153725.jpg
昨夜、やっと緒を付ける

最初は薄い紫と思って用意してたけど気変わりで渋い緑色に
緒も昨夜組み直した

さー、これから最終仕上げです


a0240985_1261585.jpg
追記(12:10)

出来ました


a0240985_1261792.jpg
棗(縞黒檀)も載せときます
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-13 07:25 | 仕覆 | Comments(0)
長いあいだ寝かせていた仕覆が完成
6月に裂をなじませるため寝かせていた黒柿棗の仕覆、やっと緒を付けて完成した。
緒の色が決まらず、そのままになってたのだけど、長いお休みでした。
2か月半、こんなに寝かせたのははじめて。

だけど、そのかいあって、裂の添い具合は最高、ピッタリ棗に合ってます。
長いお休みも無駄じゃないんですね。

a0240985_729842.jpg
綴じた口の糸を切り棗を取り出した仕覆

まだ緒が付いてないけどなんだか良い感じ
長い間寝かせていただけのことはある
やっぱり長期熟成は良いのかな?


a0240985_7385097.jpg
緒を付けて出来上がり

最高だー
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-09 07:51 | 仕覆 | Comments(0)
黒檀中次の仕覆 2
仕覆を縫い上げ、中に中次を入れて口をしばる。
これから裂が馴染むまで1.2週間ちょっとおやすみ。
この間に緒とつがり糸の準備だけど、この色決めはいつも迷う。

今回は少しブルーがかった鼠色にした。
45本x4で組みあげる。つがり糸は6本x3で撚った。
出来上がった緒、思ったより少し太い。デジタルノギスで測ると3.4mm、標準に近い太さ。
少し細めにと思ってたのだけど、予想が外れた。
絹糸が少し太めだったようだ。

手持ちの絹糸、購入したところもマチマチなので糸の太さが少しづつ違う。
なので毎回、同じ本数でというわけにはいかない、これが難儀。
次回の参考に組んだ時の記録を残すより仕方ないですかね。

a0240985_7212929.jpg
中次の仕覆と緒
裂は伊勢木綿

組んだ緒を乗せてみる
この色が一番合うのかなー?
いつも迷ってしまう
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-09-02 07:32 | 仕覆 | Comments(0)
仕覆製作が続きます 仕掛かり3個目 4 完成
茶入を入れて口を縛り、そのまま裂が馴染むまで寝かせていた仕覆。
やっと緒を付ける段階に。

完成です。

行くえ不明になってた茶入、やっと持ち主に返すことができますねー。

a0240985_8202293.jpg
つがり糸で緒をかがる

これがややこしいのですよねー
完全に覚えるまで随分作りました(多分10個以上)
それまでは本を手元に悪戦苦闘
(この本のイラストがイマイチで更にややこしくなったりして)


a0240985_8204565.jpg
緒の長さを調節


a0240985_8205854.jpg
打ち止め部分を処理します


a0240985_8202879.jpg
完成
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-08-29 08:33 | 仕覆 | Comments(0)
仕覆製作が続きます 仕掛かり3個目 3 長緒を組む
大海の茶入には長緒を付けます。

茶入の緒には2種類あって、普通は「常緒(短緒)」、それと大海などに付ける「長緒」がある。
常緒 太くて短い
長緒 細くて長い
組紐は細い方が組むのに時間がかかる。
なので長緒を組むには常緒の3倍くらいの時間がかかりちょっと気楽には組みにくい。
夜、邪魔が入らないときに一気に組みます。

a0240985_745443.jpg
用意した長緒

最近、細い緒が好みになってるので、どちらも少し細めかな


a0240985_7452242.jpg
左:常緒
右:長緒


a0240985_7452525.jpg
太さの違い
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-08-16 07:41 | 仕覆 | Comments(0)
緒に使う絹糸の整理 2
結局、昨日は一日絹糸の整理。

整理した糸を一つのコンテナボックスに入れる。

一通り整理が終わると、、不足していた欲しい色が見えてくる。
茶入の仕覆の緒は渋めの落ち着いた色が良いと思うが、棗や網袋の場合は明るく派手目も有りかも。
そう思うと、用意しておきたい色数も増えてきます。

a0240985_7502015.jpg
昨日整理した糸


a0240985_7191652.jpg
こうして一つの引き出しに入ると助かる
前は筒が長かったりして入らなかった


a0240985_7244580.jpg
網袋の例
この糸はネットオークションで手に入れたかなり安いつがり糸
つがり糸は組紐の専門店や道具屋さんで手に入るけどかなり高価
なので次からは自分で撚ることになりそう


a0240985_724493.jpg
濃い紫、こげ茶が不足してたので今朝は早速染めにかかる

一回では思う色にならない
何回か染めて追い込みたい
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-08-12 07:40 | 仕覆 | Comments(0)
緒に使う絹糸の整理
今日から盆休み。
どこにも出かけず時間はたっぷりあるので、仕覆の緒に使う絹糸の整理をします。

カセの状態で手に入れた糸、このままでは使いにくいから紙管に巻いて保管している。
この管、最初、あまり考えずまちまちの長さに適当に巻いてしまったのでうまくケースに収まらない。
長さを150mmに揃えて巻きなおすことにしました。

巻きなおすのも結構時間がかかります。座っての作業は腰にも負担が。
なので毎日少しづつ、まー、休み中には整理できるでしょう。

a0240985_7553347.jpg
別の管に巻き取り中

電気ドリルで回します

管はレールなどを送ってくるときの養生管
それを切って廃物利用


a0240985_7553643.jpg
このようにケースに入れます

外のは長すぎる以前の管
巻き直し待ちです


a0240985_7552930.jpg
最初、立てて保管しようと思ってたけど
立てると色が見にくいのでやっぱり寝かした方が便利みたい


a0240985_7554051.jpg
使う予定の無い色はカセに戻して保管
そのうち染め直して使える色に変えるつもり
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-08-11 08:14 | 仕覆 | Comments(0)
絹糸の染め5回目と巻き取り
染め中の絹糸、7色中6色に追加の染めを。
かなり使えそうな糸が増えてきました。

a0240985_9314076.jpg
染めを終わった糸

かなり微妙な違いの糸もあり
似通った色の糸だけもう一度染めても良いのだけど
取敢えずこのくらいで


a0240985_9314590.jpg
使う糸を管に巻き取る

何度も染めて糸がからみ合うようなので少づつ慎重に
いつもは電気ドリルを使って巻き取るから楽だけど
手で巻くと時間もかかる


a0240985_9314879.jpg
床に座ってやると腰が痛い

やりにくいけどソファーの方が楽ですね


a0240985_9314664.jpg
だいぶ巻き取れた糸

このどちらかで緒を組んでみるつもり
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-08-06 09:41 | Comments(0)
絹糸、4回染めた結果
仕覆の緒用絹糸、4回染めを繰り返した。
結果、2つはそこそこ合う色に染まったと思う。
残りの色も悪くはない。
別の裂と合わせるなら十分使える色になった。

でも、もうちょっと追い込んでみたい感じもする。

次の日曜日あたり、又、何本かを染め直してみるかも。

a0240985_794623.jpg
染めあがった7色の糸

最初6色だったが途中から栗で染めたのが加わったので


a0240985_794362.jpg
この仕覆に使えそうな2色

上に乗せてるのは前に選んだ色で組んだ緒

2色ともこれよりはこの裂に合うと思う
[PR]
by yoshihiko1520 | 2013-08-02 07:20 | 仕覆 | Comments(0)