タグ:茶道 ( 546 ) タグの人気記事
網袋の色、4色完了
網袋用の糸、4色の用意が完了した。
来週土曜が教室の最終日、これで全部間に合いましたねー(多分忘れはないと思う)。
来週からはその次の教室用の準備にかかります。

新たな糸を手に入れようとしてるけど、なかなか良いのが無くて。
オークションに出てる糸、随分高くなってます。
入札しても全部抜かれてしまう。
手持ちの糸でいくより仕方ないですね。

a0240985_07405351.jpg


[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-19 07:49 | 仕覆 | Comments(0)
網袋の糸撚りが続く
網袋用のつがり糸撚りが続いてます。

今取り掛かってるのはガラスの振出し用。
同じ型で色違いの振出しを4個持ってるということで、糸も4色です。
やっと2色完了。
あと2色。
盆休み中に全部出来るかどうか、、ってとこですね。

a0240985_10100023.jpg















a0240985_10154985.jpg
緑の糸はギリギリでした
これだけ残った

網袋の糸、結構いるので足りるかどうかの判断が難しい









[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-13 10:17 | 仕覆 | Comments(0)
茶器の蓋
宗匠からたのまれてる茶器の蓋は黒柿と象牙のハイブリッドにする。
茶器は備前の印花、茶入として作られたものではなさそう。
何かの容器に蓋を付けて替え茶器にされるようだ。

70mm以上の大きな蓋、全部木でとも思ったが、
それもつまらないので中央に象牙を埋め込みツマミを作ることにした。

象牙の埋め込みは完了。
これから仕上の削りにかかります。
この茶器、仕覆はいらないでしょうね?

a0240985_06140088.jpg












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-08 06:26 | 木工 | Comments(0)
仕覆教室最終日
昨日は滴翠美術館の網袋教室、6回目の最終日でした。
毎月一回6ヶ月で完了のこの教室、もう3年になるんですねー。
初めての仕覆作りで最初はビクビクの生徒さん、でも完成すると笑顔です。
リピートされてる方はだんだん余裕が出てきて、次は何にかかろうかと楽しいでおられます。
いつまで続けられるかわからないけど、がんばります。

この日はお隣の陶芸教室からSさんがひょこっと。
7月ニューヨークで体験した陶芸を話してくださいました。
3週間滞在したそうです。

a0240985_06570195.jpg
Sさんのお話し













a0240985_06560132.jpg
完成した仕覆です














[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-06 07:12 | 仕覆 | Comments(0)
振出しの網袋用絹糸
振出し用の網袋糸、撚りと緒の準備完了。
今月は水泳の大会にはエントリーして無いから仕覆の方に専念ですかね。
あと、数個分の準備が残ってます。

さて、今日は仕覆教室の最終日。
皆さんの仕覆、バッチリ仕上がると良いのですが。
預かってる緒の始末など忘れ物無いようにしなくては。

a0240985_06263819.jpg
Mさんの振出しと糸












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-08-05 06:33 | 仕覆 | Comments(0)
網袋教室でお茶
昨日の滴翠美術館の網袋教室、
なんと、東京から来てくださってる方がお茶を点ててくださいました。
お茶も、お菓子も、替え茶碗まで持参で。
美味しいお茶のおかげで皆さん頭スッキリ、底に取り掛かった網袋も順調に進みましたね。
Tさん、ありがとうございました。
来月はいよいよ最終日、沢山の網袋が仕上がります。

私は、
今日も別グループの仕覆の会です。
マンションをリフォームしてお茶室を作られた方のお宅で。
初めての訪問、楽しみです。

a0240985_07510374.jpg
お茶を点てていただいてます













a0240985_07510712.jpg
教室はこんな調子で













a0240985_07511105.jpg
底の編みです












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-07-23 08:06 | 仕覆 | Comments(0)
緒とつがり糸
緒の始末とつがり糸を撚る日が続いてます。

次の仕覆教室は最終日、この日で仕覆も完成します。
前回緒の取付けの時、常緒の打留が出来てないのに気が付きました。
長さの調節のため、打留から先は緒を取り付けてから作り直してたのですが、これでは次に間に合いません。
なので、4個は持ち帰っての作業です。

網袋教室の方は
新たな袋にかかりたい方もいてつがり糸が必要に。
毎晩、ちょこちょこ糸撚りです。
糸は一応揃ったので次は緒を組みます。

a0240985_07333882.jpg
常緒
打留の組みなおし























a0240985_07334224.jpg

完了
これで次回完成に持ち込めます














a0240985_07333519.jpg
こちらは網袋用の糸
次は緒です











[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-07-13 07:46 | 仕覆 | Comments(0)
屋久杉の茶筅筒
だいぶまえ、屋久島のお土産と屋久杉の木っ端を貰った。
10cm角強の小さな端材。
何に使うかあても無く、そのまま置いてあったが茶筅筒にすることにした。
切り出してみると3個取れる。
たが、1個は大きなヒビがあり割れました。

この材、柾目部分が多く屋久杉らしい複雑な杢目ではないのが残念。
屋久杉って1000年以上の木を言うらしいが、これはもっと若い木なのかも。

この茶筅作り、思った以上に失敗する。
腰の部分を絞り込んでカッコよく、とやりすぎて薄くなり透けてしまうのだ。
薄すぎてサンディングの時割れてしまった神代杉も。
簡単なかたちで大して難しくないと思ってたのにショックです。

a0240985_07480416.jpg
屋久杉の木っ端













a0240985_07463086.jpg
削りました

左は神代杉










[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-07-12 08:01 | 木工 | Comments(0)
緒の取付け
仕覆教室、緒の取付けでした。
やっぱりこれはややこしい。
初めてでなくても数個作ったくらいではなかなかすんなりとは行きません。
それでも皆さんがんばってました。
来月はいよいよ完成です。
楽しみですね。

a0240985_10335303.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-07-09 10:38 | 仕覆 | Comments(0)
神代杉の茶筅筒
少しだけ残ってた神代杉、茶筅筒に削ってみましたが、みごとに失敗。
内部にペーパーをかけるときちょっと力を入れたら割れてしまった。
すごく柔らかいから「注意しなくっちゃ」と思ってたのに駄目ですね。
外を削る前に中を仕上げて磨いておくべきでしたね。

未練たらしく、割れたのを繋いでみたら、
なんだかこれはこれで良いのでは、、、と思ってしまう。
仕上げてみることにします。

a0240985_07271720.jpg
割れた茶筅筒

















a0240985_07271335.jpg
繋いでみました
穴の部分は破片なし















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-07-07 07:38 | 木工 | Comments(0)