タグ:茶道 ( 536 ) タグの人気記事
Jone Dixさんの作品展
アメリカ人陶芸家、Jone Dixさんの個展に行ってきた。

彼と知り合ったのは阪神大震災の前、もう20年以上前になる。
英語を習ってたピーターさんの紹介だった。
私は陶芸を始めて数年、やっと轆轤が轢けるようになった頃。
彼の圧倒的な轆轤の上手さと力強い作品を見て魅了された。
丁度、篠山に窯を作り始めたので良く手伝いに行ったのを思い出す。

今回はぐい吞みを一つ連れ帰った。
蓋を付けて茶器にするつもり。
大きく変形した口なので、蓋作りは苦労すると思う。
でも、ゆっくり合わせたらなんとかなるか。
ユニークな替え茶器になるでしょう。
蓋が出来たら仕覆も付けてみよう。
網袋で作るのも面白いかもしれない。

ジョンさんの個展は今週土曜17日まで。
ギャラリー縄(しょう)
大阪市中央区南船場2-10-30
です。

a0240985_05192772.jpg












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-06-15 05:41 | 陶芸 | Comments(0)
連休中に撚った糸と組んだ緒
連休中に糸の準備と、つがり糸と緒を組んでます。
合間合間でちょこちょこ、チョコチョコ。
出来上がったのを並べてみたら、これだけでした。
結構やったつもりだけど、大して出来てませんねー。
やっぱり糸の準備は大変だわ。
今日は連休最終日。
もうちょっとやっときます。

a0240985_06350601.jpg















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-05-07 06:40 | 仕覆 | Comments(0)
スゲ蓋の芯
振り出しの菅蓋、芯を削りました。
材は桐、これなら柔らかくてペーパーで落とせるので太さの調整も簡単。
もうすぐ連休なので、その間に仕上げましょうかね。

昨日、滴翠美術館からメールが。
5月から始まる網袋教室、4名の申し込みがあり定員に達したそうです。
それまで、2名だけだったので今回は定員割れかなと思ってましたが、
これで、仕覆と網袋、どちらも教室を始めて以来、ずーっと満席。
嬉しいですね。
がんばろー。

a0240985_07183863.jpg
右3つは陶芸仲間から芯だけ頼まれてたもの

左2つは自分のです














a0240985_07184701.jpg
芯の裏

1個割れてしまったけど接着して使います












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-26 07:24 | 木工 | Comments(0)
振出し、残ったのは2つ
振出しが6個出来上がってきた。
釉掛けと上絵を岡橋弘子さんにお願いしていたものだ。
久しぶりの轆轤で十分薄く轢けず、腰の部分はかなり削り込んでいたが、丁寧な釉掛けでゼンゼンわからない。
上絵もすばらしい、さすが岡橋弘子さん、いつもいつも有難うございます。

先週土曜日に受け取って、網袋教室で見せると、、、
残り2つになってしまった。
まだ蓋も付いてないのにね。
写真も無い。
撮っておけば良かったなー。

a0240985_07152359.jpg
手元に残った2つ

蓋を付けて仕上げます












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-24 07:14 | 陶芸 | Comments(0)
網袋教室最終日はランチから
昨日は滴翠美術館の網袋教室、最終日でした。

仕覆教室にも来てくれたりしてるので、皆さん、もうすっかり顔なじみ。
ランチに行こう、ということで、前に行った芦屋、スパッツィーノ・イノさんへ。
11時からなのに満席でしたね。
美味しい食事と楽しい会話、2時間はあっという間でした。

その後は網袋教室、
最終日の作業は底の始末と緒の取付け、それほど時間はかかりません。
最後は、出来上がった網袋の写真撮影。
どなたも笑顔いっぱいでした。

来ていただいた皆様、ありがとございました。
覚えた網袋、家でどんどん作ってくださいね。
作るたびにうまくなりますよ。


a0240985_07111460.jpg出来上がった皆さんの作品















a0240985_07114446.jpgこちらは卒業生のMさん

仕覆も網袋も作品が増えました
もうベテランですね












a0240985_07104497.jpgこちらはイノさんで

どれも美味しかったです














[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-22 07:28 | 仕覆 | Comments(0)
茶筅筒はなかなか進まない
茶筅筒の制作、停滞です。
なんかバタバタしてて旋盤に向かえません。
週に1個くらいしか進んでない、もうちょっと作らんといかんですね。

a0240985_06231734.jpg
やっと出来た栗の茶筅筒(右)

スマートフォン(zenfone3)で撮ってみたけど
パースペクティブが強くて難しい
写りは悪くないんですけどね












[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-14 06:29 | 木工 | Comments(0)
土曜日の仕覆教室
先週土曜日は滴翠美術館での仕覆教室2日目でした。
予定では裏地の縫いなんですが、前回欠席の方、今回から参加の方もいて進行は2グループになりました。

ちょうどこの日、アメリカ人陶芸家ピーターハーモンさんの作品展とワークショップがあり、始まる前にそれを見学。
ピーターさんから色々説明も聞けて良かったです。

そんなこともあり、教室の進行はちょっと遅れぎみ。
裏の底付けは次回になりました。

今回も欠席の方が数名。
どこかで補講しないといけませんね。
その時にでも、緒を組む実演と体験やってみましょうか。
組紐に興味の有る方、来てもらったら良いと思います。
日にち決めて皆さんに連絡することにします。

a0240985_06434220.jpg














a0240985_06442688.jpg














a0240985_06435111.jpg














a0240985_06434786.jpg













[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-10 06:58 | 仕覆 | Comments(0)
割れた茶筅筒
花梨の茶筅筒、製作中に割ってしまいました。
サンドペーパーを張り付けた棒で内部を磨いていたら、ちょっとブレて当たってしまい、ガシャ!
結構簡単に割れるものです。
薄すぎたのかな?
注意せんとあきませんね。

茶筅筒のけずり、少しづつですが進んでます。

a0240985_06533526.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-04-04 06:59 | 木工 | Comments(0)
クリとサッチーネ
昨日の茶筅筒作り、
クリとサッチーネの2本でした。

栗は木が柔らかく(杉や檜など針葉樹ほどは柔らかくないですが)ペーパーだけでは綺麗に仕上がりませんね。
やっぱり浸透性塗料の併用は必要です。

ぼちぼちですが、これで目標の半分くらいは削れましたかね。

a0240985_07480637.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-25 07:52 | 木工 | Comments(0)
茶筅筒は少しづつ
茶筅筒の削り、少しづつ進んでます。
昨日は花梨、寄木、サッチーネの3つ。
塗装はもう少しまとまってからします。
かたちも決まり順調です。

a0240985_08372242.jpg

















[PR]
by yoshihiko1520 | 2017-03-24 08:40 | 木工 | Comments(0)