上絵を描きに京都へ
平水指にする予定の鉢、上絵を描きに京都五条へ。
河井寛次郎記念館のあたりは、元々陶芸家の多く住むところ。
上絵を習ってる蔭山良斎先生の工房もこの一角にある。
上絵教室もされてるので、1日のみの飛び入り参加で加えていただいた。

朝から夕方まで、ずーと上絵を描いてると、、、あー、疲れた。

a0240985_19353957.jpg
五条 河井寛次郎記念館あたり

なかなか感じの良い通りだ


a0240985_19355871.jpg

行ったところ

近辺は陶芸家の家が多い


a0240985_19363078.jpg
上絵用絵具棚


a0240985_8122627.jpg
良斎先生の上絵作品

色見本代わりに


a0240985_19364187.jpg
書き上げた平水指

右下は金彩用板
硝子板の上は金粉
1g 6000円、本物の金ですよ
[PR]
by yoshihiko1520 | 2012-02-28 19:41 | 陶芸 | Comments(0)
<< イカナゴ漁 解禁 匙の制作 色の違い >>