篠山 大上窯の窯焚き
先週、窯詰めした大上窯、今窯焚きの真っ最中。
温度はすでに1250度以上になり、引き出しの用意も整った。

「引き出し」とは、
窯の中で高温で焼かれた作品を、一気に窯の外に引き出しす技法。
急激に冷やされることで焼き上がりの色に変化がでる。

この作業はすごく大変、それだけに面白い。

a0240985_19532025.jpg
高温に耐えるよう重装備のジョン ディックスさん


a0240985_1954060.jpg
高温で真白になった窯の中で引き出す作品を探す


a0240985_1955138.jpg
ステンレス棒の先に乗せられ引き出されたグイノミ


a0240985_19552031.jpg
急激に冷めていく作品


a0240985_1956057.jpg
ひっくり返して中の炭を出す
燃えてるのは箸代わりの木の棒


a0240985_19564083.jpg
少し冷めて仕上がりを点検中
まだ熱くて触れない



a0240985_19562164.jpg
1、2時間おきに何度も繰り返される引き出し作業
この作業中、蓋を長く開けるため窯の温度が下がるのでいくつも続けては出来ない

夕方になると窯内部の高熱で顔や服が照らされて赤く色づく
by yoshihiko1520 | 2012-05-07 20:18 | 陶芸 | Comments(0)
<< 棗が完成 食事会に招かれて >>