人気ブログランキング |
大きなブロック材から2個の鉢を轢く
高さ大きめで用意した鉢材、鋸で轢き割って2つにするには高さが足りなくて、皿程度しか作れない。
何とか鉢が2つ取れないかと、旋盤で斜めに削り2つに分けてみた。

おー、うまくいく。2個ともそこそこの鉢になりそう。
ただ、斜めに轢くには先が細く柄の長いバイトが必要、でないとツールからバイト先端までの距離があるので負けてしまう。
対応できるよう自作パーディングツールの柄を延長することにした。

a0240985_16213588.jpg
真ん中あたりで斜め方向に削り2つに分ける


a0240985_16213895.jpg
切り離したところ


a0240985_16403490.jpg
切放しに使ったバイト2種
上:この前作ったばかりの新作バイト
長い柄で作っておいて良かった

下:パーディングツール、元の柄が短かかったので延長した
ちょっと曲がって見苦しいが役にはたつ


a0240985_16213129.jpg
1個を鉢に轢いてみた(旋盤に残ってた側)
by yoshihiko1520 | 2013-01-25 16:32 | 木工 | Comments(0)
<< 親父の寒中見舞い、ほぼ完成か? 栗の鉢材の製材 >>