人気ブログランキング |
黒の次は赤い棗
サッチーネ、赤が印象的で好きな木です。

この木は硬いけど粘りがないのか、小口面でキャッチを起こすと割れる事が良くある。
深い棗の底を削る時は(蓋の裏もそうだけど)細心の注意が必要、緊張しますね。

どうやったらキャッチせずに滑らかに削れるか?
これが課題だけど、なかなかこれでバッチリとはいかない。
キャッチしにくい刃先の形状に良く研ぐ、
ツールレストのセット方法、
刃の当て方、
などなど、どれもおろそかにはできません。

今回の棗は結構うまく削れたが、
蓋の裏はもう少しカーブを持たせた方が軽くできるので、次は刃の形を少し変えてみたいと思う。

a0240985_7275262.jpg
赤の綺麗なサッチーネ

w70mm h70mm の中棗

ここまでくるともう少しですね
by yoshihiko1520 | 2014-05-14 07:47 | 木工 | Comments(0)
<< すごく小さな壺の仕覆 Dropboxの同期 >>