人気ブログランキング |
黒柿中次に仕覆を作る
最近作った棗の中で一番気にいっているのは黒柿の中次。

別に完璧に出来上がったからではない。
もともとヒビが少しあって2ヶ所ばかり補修した個所もある。
内部切削中キャッチを起こしえぐれた個所を取るためギリギリまで削ったので重さはかなり軽い。

一番気にいってところは蓋と身の合い具合。
蓋を置き手を離すと締まるまで5秒以上かかる。
外す時もスッとは抜けない。
もう少し削って甘くした方がお点前はし易いかもしれないけど、これだけ緻密な合い具合はなかなか出来ないからこのままいくことにした。

気にいった中次、やっぱりこれには仕覆を付けないとね。

a0240985_6433977.jpg
黒柿の中次

w、hとも63mm 小さ目だ


a0240985_6434157.jpg
身と蓋


a0240985_6434458.jpg
仕覆を付ける

裏はこんな色にした
by yoshihiko1520 | 2014-05-28 06:56 | 仕覆 | Comments(0)
<< 棗高台削り用の木製チャックを作る 柿の木からの棗は4個 >>