黒柿の茶杓、削り中に折れた
黒柿の敷き板を取った残り材がある。

まずこれで、茶杓を削ってみようと3本用意した。

匙部分をくぼませようと削り始めたが、うーん、削りにくい。

黒い部分は硬く、白い部分は柔らかい。
差が有り過ぎてなかなか削れないのだ。

そのうち、ちょっと力を入れたら柄が折れてしまった。
やっぱり柿はもろいなー。

次いでもう一本、これも先が折れてしまった。

これは駄目だなー。
3本目は諦める。

今度は先に窪みを削ってから形を切り出すことにしよう。
製作はちょっと先送り。

a0240985_07012132.jpg
折れた黒柿の茶杓
















[PR]
by yoshihiko1520 | 2015-04-14 07:13 | 木工 | Comments(0)
<< 組紐組台の製作 ターナーに焼印を押す >>