人気ブログランキング |
滴翠美術館 仕覆教室 3日目
毎月第二金曜は滴翠美術館の仕覆教室です。

昨日は3日目、ちょっと早く集合して美術館の展示を見学することにしました。

秋季展は九州の上野、高取、唐津の茶陶展、
挽家の付いた茶入も数点、替え仕覆も有ったりで仕覆作りでの参考になります。
皆さん、今までとは見方が変わったようで、仕覆にくぎつけ。

その後は教室。
縫い上がった裏地にアイロンをかけ、表にかかります。
表は柄合わせ入るので、ちょっと頭を使いますねー。
どう取るか、悩みに悩んで、、、

最後に緒の色を決定。
5日目が緒の取付けなので、それまでに準備します。

次は親睦会から始まります。
楽しみですねー。

Ps.
途中、来年3月から始まる4回目を受講希望の方が見学に来られました。
色々興味を持たれたようで参加希望。
これで8名になり受付終了です。
今受講されてる方も継続希望でしたがキャンセル待ちのなり、更に先の5回目に来てくれるとか。
一度参加した人は飛び入り受講できるので、自分でかかっておいて時々来て頂くのも良いかもしれません。
でも、「続けて来たい」と言って頂けるのは嬉しいですね。

a0240985_06435545.jpg
滴翠美術館 秋季展

中は撮影できないので玄関です













a0240985_06443401.jpg
今日もゆったり

でも、皆さん真剣















a0240985_06443738.jpg
縫い上がった裏地

糸しつけをしてアイロンをあてます












by yoshihiko1520 | 2015-11-14 07:02 | 仕覆 | Comments(0)
<< 仕覆の集まり 茶入を焼く >>