篠山のアトリエ
日曜日、アメリカ人陶芸家 John Dixさんの新アトリエお披露目パーティが有った。
場所は篠山の大上。
彼がここに窯を築きはじめたのは阪神大震災の頃だった。
基礎になるベースのコンクリート打ちから煉瓦積みまで、よく手伝いに行っていた。
もう20年になるのですね。

その場所に新しいワークスペースを築きはじめたのは2年前か。
色んな人のサポートは有ったけど、古材を持ちこみ、自分で作り上げたのだから驚きだ。
まだ骨組みだけの時しか見て無かったが、昨日仕上がった建物を見て更に驚き。
とても素人が建てたとは思えない仕上がりです。
すばらしい。

昨日、集まった人は50人以上かな?
懐かしい人もいっぱいいて、楽しいパーティでした。
雨が降らなくてよかった。

a0240985_05430075.jpg
沢山の人で
日本語と英語が入り混じる
















a0240985_05431276.jpg
メインはジョンさんが焼いたミートローフ

初めて食べたけど
メキシコ風スパイシーで美味しかった











a0240985_05564961.jpg
お茶席もあったよ


















a0240985_05432503.jpg
新しい建物はこれ


















a0240985_05434280.jpg
1階内部



















a0240985_05435409.jpg
2階です



















a0240985_05435091.jpg

このスペース
なかなかですね














[PR]
by yoshihiko1520 | 2016-04-25 06:01 | 陶芸 | Comments(0)
<< デジタルクッキングスケール 仕覆の写真が送られてきた >>